MacBook (Early 2016)でUSB-C機器が認識しない

未解決なのですが、2週間連続でMacBook (Early 2016)のUSB-Cが認識されない問題が起きたので事象と対応をメモ。

【事象】

  • 週明けにShutdownしていたMacBookにUSB-C VGA Multiport アダプタ (電源 & モニタを接続)をさしてbootすると、USBが認識されていない。充電もされず、モニタも認識されない
  • 当初はモニタ表示の問題だと思って切り分けしていたがUSBポートの認識の問題
  • 通常の再起動では認識されない
  • セーフモードでも変わらず..
  • 他のUSB-Cアダプタを介しても変化なし

【対応】

  • SMC (System Management Controller)をリセット
  • 再起動時にUSB-Cは接続しないでbootさせる

USBポートが認識されないような問題については、PRAMのリセットではなくSMCのリセットが有効。

参照: MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセットする方法 – support.apple.com

広告

Office 2016 for Mac でAutosaved(自動回復) のファイルが毎回開く

環境: macOS High Sierra 10.13.6 / Microsoft Office 2016 for Mac / PowerPoint for Mac 16.16

PowerPoint を起動するたびに、自動回復(Autosaved)されたファイルが表示されるようになっていました。原因はどこかのタイミングでmacOSを異常終了させた時にあると思いますが、顧客訪問中などに関係のないファイルが開かれるのは嫌なので対処したメモ。

今回の毎回開かれるファイルは以下に残っている事を確認し、同ディレクトリ内の不要なファイルを削除する事で対処完了。

/Users/<user name>/Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

こちらはFinder、ターミナルどちらでも対処可能。

iPhone/iPad 上のFlickrがストレージを大量消費

ここの所、iPhoneのiCloudバックアップが失敗し続けているので確認したところ、iPhone/iPadのFlickr.appがiPhoneで26.28GB、iPadで13.16GBもストレージを消費している事に気付きました。

設定 > 一般 > iPhoneストレージと辿るとアプリとデータのそれぞれでどの位消費しているのかを確認する事ができます。

対処法はFlickr.appの削除 & 再インストール。アプリの動き的に写真がキャッシュされている様子はないので手間 & 再ログイン以外のデメリットはなさそうなので、思い切って削除してみました。

以下は再インストール後のサイズ。1/1000位に減りましたね。特に支障は感じてません。

FlickrのHelp Forumにも同じようなスレッドがいくつかありますが、みなさん渋々再インストールして空き容量を確保しているみたいです。

Flickrをお使いでiPhone/iPad/iCloudで容量不足でお悩みの方は確認してみると良いかもしれません。

Netatmo Weather StationをHomeBridgeに追加

Dyson Pure Coolの次はNetatmo Weather StationをHomeBridgeに追加してHomeKitで管理できるように設定。

homebridge-netatmoからパッケージを入手してインストール。
http://dev.netatmo.comで開発者登録をして、client ID & client Secret を入手する必要あり。

Dyson Pure + Cool に Netatmo を追加した config.jsonを登録。

{
“bridge”: {
“name”: “Homebridge”,
“username”: “xx:xx:xx:xx:xx:xx”,
“port”: 51826,
“pin”: “031-45-155”
},
“platforms”:[
    {
     “platform”: “DysonPlatform”,
     “name”: “DysonPlatform”,
     “email”: “<email_address>”,
     “password”: “<password>”,
     “country”: “JP”,
     “accessories”: [
       {
         “ip”: “<Dyson’s IP address>”,
         “displayName”: “dyson TP04”,
         “serialNumber”: “<Dyson Serial#>”
       }
     ]
  },
       {
            “platform”: “netatmo”,
            “name”: “netatmo weather”,
            “ttl”: 5,
            “auth”: {
                “client_id”: “<client_id>”,
                “client_secret”: “<client_secret>”,
                “username”: “<email_address>”,
                “password”: “<password>”
            }
}
]
}
config.jsonを編集後に、homebridgeをリスタートさせてあげるとNetatmoの情報がHomeKitに対応したアプリから参照できるようになります。以下は、Elgato Eve用のアプリから。Home.appだとみえないノイズや気圧の情報がみえます。Philips HueとElgato Eve、Netatmo、Dyson Pure+Coolがすべてみえるようになっています。冬はデロンギも。
eve
次はNature RemoをHomeBridgeに追加してみようと思います。

Dyson Pure CoolのHomebridgeへの登録。

Dyson Pure Cool (TP04)をHomebridgeへ追加して専用のアプリDyson LinkではなくHome.appから操作やセンサーの情報を見ることができるように設定。

Homebridgeの設定などは省略してconfig.jsonの記録。今後、Nature Remo/Nature Remo mini/Netatmoを追加する予定。

{
“bridge”: {
“name”: “Homebridge”,
“username”: “XX:XX:XX:XX:XX:XX”,
“port”: 51825,
“pin”: “031-45-155”
},
“platforms”:[
    {
     “platform”: “DysonPlatform”,
     “name”: “DysonPlatform”,
     “email”: “xxx@abc.com”,
     “password”: “passwd”,
     “country”: “JP”,
     “accessories”: [
       {
         “ip”: “192.168.0.XX”,
         “displayName”: “Dyson Pure Cool”,
         “serialNumber”: “VS1-JP-XXX0000B”
       }
     ]
   }
 ]
}

JSONの記載に間違いがないかどうかはJSONLintで確認。

HomeBridgeのステータス確認

systemctl status homebridge

HomeBridgeの再起動

systemctl restart homebridge.service

設定は今はここ↓

vi /var/homebridge/config.json

Drobo mini ファームウェア 3.5.5

drobo_mini_3.5.5

Drobo miniのファームウェア 3.5.5 が2018年2月にリリースされていました。リリースノートはこちら。リリースノートに記載されているのはMacとの接続でボリュームの切断に関する問題を改善とあります。

Fixes in 3.5.5

  • Improvements in volume disconnect issues seen with Mac host over USB

普段、Macと直接USBで接続しないので問題に心当たりはありませんがとりあえず更新。

更新が進むとDroboを再起動するか?と聞かれるので選択すると、再起動後にアップデートされたバージョンで起動してきます。簡単。

合わせて2018年5月に更新されたDrobo Dashboard v3.2.1の更新も促されました(リリースノート)。こちらはmacOS側の再起動が要求されるのでそこだけ注意。

Drobo miniを購入してもうすぐ5年。当初は古いHDDを使っていたのでHDD故障は何度か経験しましたが、再構築も問題なし、Drobo mini本体の故障もなくいまだにファームウェアもリリースしてくれていて感謝です。

MacBook Proを2012年の初代Retinaモデルから2018年モデル(13インチ)に買い換えたので、USB2.0もThunderboltでもDroboと繋げなくなってしまったのが悩ましいところです。

Appleサポート アプリのサポート言語について

Apple製品のサポートへのコンタクトや使い方などをiPhone/iPad上で閲覧することができる”Appleサポート”アプリで、チャットサポートをする場合の言語はアプリ上で選択する事はできず、iOSの言語設定によって判断されます。

例えば、日本で使っているiPad Proの表示言語を英語にしている場合には、チャットは英語の担当者がアサインされます。いちどアサインされると、日本語ができる人に引き継いで欲しいというお願いはできず、そのまま英語でのやり取りを続けるか、チャットを終了させるという選択肢しかありません。

私は英語表示の方が好きなのでiOSを英語設定にしているのですが、毎回英語のチャットにつながって、そのまま英語でサポートをお願いしていました。今回、物理交換が必要になりそうな問い合わせだった事もあり、iOSの言語設定を日本語に変更してチャットを開始したところ日本語の担当者に繋がりました。

アプリ内で言語を選択できるようになるとより便利で良いと思うんですけどね、アップルさん。