Office 2016 for Mac でAutosaved(自動回復) のファイルが毎回開く

環境: macOS High Sierra 10.13.6 / Microsoft Office 2016 for Mac / PowerPoint for Mac 16.16

PowerPoint を起動するたびに、自動回復(Autosaved)されたファイルが表示されるようになっていました。原因はどこかのタイミングでmacOSを異常終了させた時にあると思いますが、顧客訪問中などに関係のないファイルが開かれるのは嫌なので対処したメモ。

今回の毎回開かれるファイルは以下に残っている事を確認し、同ディレクトリ内の不要なファイルを削除する事で対処完了。

/Users/<user name>/Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

こちらはFinder、ターミナルどちらでも対処可能。

広告

iPhone/iPad 上のFlickrがストレージを大量消費

ここの所、iPhoneのiCloudバックアップが失敗し続けているので確認したところ、iPhone/iPadのFlickr.appがiPhoneで26.28GB、iPadで13.16GBもストレージを消費している事に気付きました。

設定 > 一般 > iPhoneストレージと辿るとアプリとデータのそれぞれでどの位消費しているのかを確認する事ができます。

対処法はFlickr.appの削除 & 再インストール。アプリの動き的に写真がキャッシュされている様子はないので手間 & 再ログイン以外のデメリットはなさそうなので、思い切って削除してみました。

以下は再インストール後のサイズ。1/1000位に減りましたね。特に支障は感じてません。

FlickrのHelp Forumにも同じようなスレッドがいくつかありますが、みなさん渋々再インストールして空き容量を確保しているみたいです。

Flickrをお使いでiPhone/iPad/iCloudで容量不足でお悩みの方は確認してみると良いかもしれません。

Netatmo Weather StationをHomeBridgeに追加

Dyson Pure Coolの次はNetatmo Weather StationをHomeBridgeに追加してHomeKitで管理できるように設定。

homebridge-netatmoからパッケージを入手してインストール。
http://dev.netatmo.comで開発者登録をして、client ID & client Secret を入手する必要あり。

Dyson Pure + Cool に Netatmo を追加した config.jsonを登録。

{
“bridge”: {
“name”: “Homebridge”,
“username”: “xx:xx:xx:xx:xx:xx”,
“port”: 51826,
“pin”: “031-45-155”
},
“platforms”:[
    {
     “platform”: “DysonPlatform”,
     “name”: “DysonPlatform”,
     “email”: “<email_address>”,
     “password”: “<password>”,
     “country”: “JP”,
     “accessories”: [
       {
         “ip”: “<Dyson’s IP address>”,
         “displayName”: “dyson TP04”,
         “serialNumber”: “<Dyson Serial#>”
       }
     ]
  },
       {
            “platform”: “netatmo”,
            “name”: “netatmo weather”,
            “ttl”: 5,
            “auth”: {
                “client_id”: “<client_id>”,
                “client_secret”: “<client_secret>”,
                “username”: “<email_address>”,
                “password”: “<password>”
            }
}
]
}
config.jsonを編集後に、homebridgeをリスタートさせてあげるとNetatmoの情報がHomeKitに対応したアプリから参照できるようになります。以下は、Elgato Eve用のアプリから。Home.appだとみえないノイズや気圧の情報がみえます。Philips HueとElgato Eve、Netatmo、Dyson Pure+Coolがすべてみえるようになっています。冬はデロンギも。
eve
次はNature RemoをHomeBridgeに追加してみようと思います。

Dyson Pure CoolのHomebridgeへの登録。

Dyson Pure Cool (TP04)をHomebridgeへ追加して専用のアプリDyson LinkではなくHome.appから操作やセンサーの情報を見ることができるように設定。

Homebridgeの設定などは省略してconfig.jsonの記録。今後、Nature Remo/Nature Remo mini/Netatmoを追加する予定。

{
“bridge”: {
“name”: “Homebridge”,
“username”: “XX:XX:XX:XX:XX:XX”,
“port”: 51825,
“pin”: “031-45-155”
},
“platforms”:[
    {
     “platform”: “DysonPlatform”,
     “name”: “DysonPlatform”,
     “email”: “xxx@abc.com”,
     “password”: “passwd”,
     “country”: “JP”,
     “accessories”: [
       {
         “ip”: “192.168.0.XX”,
         “displayName”: “Dyson Pure Cool”,
         “serialNumber”: “VS1-JP-XXX0000B”
       }
     ]
   }
 ]
}

JSONの記載に間違いがないかどうかはJSONLintで確認。

HomeBridgeのステータス確認

systemctl status homebridge

HomeBridgeの再起動

systemctl restart homebridge.service

設定は今はここ↓

vi /var/homebridge/config.json