MINI F5x(F54/55/56)乗り換え時の消去情報

いまどきのクルマには様々な情報が車載ナビゲーション等に保存されています。自宅の場所から電話番号、好きな音楽とそのプレイリスト等々.. 乗り換え等で手放す際、正規ディーラー等であればきちんと削除してくれると思いますが、自分でも消しておきたいところ。

Mini Cooper S 5-Door Hatch-back (F55)での削除について調べてみました。
操作の詳細はオンラインのマニュアルに記載: http://origin.mini.jp/online_owners_manual/
(車体番号の下7桁が必要)

下記が主な消した方が良さそうな情報でしょうか。3.あたりはいつのまにかコピーしている可能性があるので注意した方が良さそう。

  1. 目的地履歴 (ナビ)
  2. メモリー地点 (ナビ) = 全ての登録 (ナビ)
  3. コンタクト(スマートフォンからコピーされている場合)
  4. 機器の登録解除 (Bluetooth機器)
  5. 音楽の削除 (プレイリスト)

その他、車載情報とは関係なしに忘れそうな項目。

  • 任意保険の変更
  • (任意) ETCマイレージサービスの車載器管理番号
  • (使っていれば) Automaticの情報変更
  • (使っていれば) Fuellyの情報変更
  • 駐車票・通行証のナンバー変更

愛車を乗り換える時は次の車へのワクワク感で乗り換え車の処理は怠りがち。今までトラブルなく走ってくれたことに感謝しつつ、掃除と共にデータも消してお別れしましょう。

広告

Apple Watch雑感

Apple Watchを16ヶ月ほど使った感想です。今ではApple Watchがないと不便さを感じるまでになっています。

 

よく使うアプリや機能

iPhone 7 Plus(その前はiPhone 6)と組み合わせて使っています。

  • 通知: iMessageやFacebook、Instagram、Tweetbot、LINEといったアプリからの通知
  • アラーム: 隣で寝ている家族を起こさず目覚めることができます
  • Music: AirPodsで聞いている音楽のリモコンとして利用可能
  • カレンダー: 手元でカレンダーの通知や確認ができるのは便利
  • 1Password: macOSやiOSの必携アプリ。特に利用頻度の高いログイン情報をApple Watchからも確認できるように設定しています
  • Authy: Google Authenticatorの置き換えで使用
  • OmniFocus 2: タスク管理。iPhoneを出すまでもなく対応済みのタスクにチェックを入れられます
  • AutoSleep.: iPhoneのアプリ。Apple Watchにアプリを入れる訳ではないが、Apple Watchをつけて寝ると自動的に睡眠時間を継続してHealthに送ってくれるアプリ。わざわざ「寝る」・「起きた」を入力しないでも良いのは楽です。しかも精度も悪くありません
  • (SoundHound) – Shazamと同類のアプリですが私はSoundHound派。ただし、いつのまにかWatch OSへインストールできなくなってしまったようで..

 

アルミのSportかステンレススチールモデルか

予算がつく・つかないという事情がありますが、Sport (42mm/Space Gray)モデルを半年ほど使った今ではステンレススチールモデルが正解だと思っています。その理由は、Apple Watch Sportのケース背面に刻まれているアップルのマークやシリアル番号などの刻印あたりの塗装が剥がれはじめていて、Geniusがルーペを使ってもシリアル番号を読み取れない状態になっていました。確かにこまめに拭く等のケアをしてこなかったのは反省ですが、時計として普段使いしていてこれは..と感じました。この状態だと、次のモデルを買う時に元のモデルを売って資金にするという運用にも支障がでてしまいます。

塗装剥がれについてはコミュニティでも議論されているので自分だけではなさそうです。話をしたGeniusがつけているSportも同じ状況でした。その後、保証期間などを確認しながら本体を修理(交換)してもらうことができました。(必ず交換になる訳ではなさそうです)
修理!?後の新しいApple Watch Sportの背面を確認したところ、刻印がプリント!?に変わっていました。何らか事象を確認していて改善を施したのかもしれません。

 

次のモデルへの買い替えのために

前述の通り、せっかく本体が新品状態になって返ってきましたが、そのタイミングでSportを買い取りしてもらってApple Watch Series 2 (42mm/Space Black Stenless)へ買い替えました。その買い取りの時の反省点ですが、少しでも高く売りたければ本体以外は使わない方が良かったです。バンドもケーブルもサードパーティーのものを使用していましたが、たまに純正のスポーツバンドを使った事で、スポーツバンドが擦れて使用感がでて結果減額の口実にされてしまいました。

今はamazon.co.jpで値段以上のクオリティのバンドがいくつも売られています。売却時に減額された額以下のバンドで気にいる物がいくつもあったので、Apple Watch購入時にはバンドも探してみると良いかもしれません。いずれは純正のリングブレスレット欲しいですけどね..

 

初代からSeries 2へアップグレードして

外観はアルミもでるからステンレスモデルへの変更なので、外観がまず高級感がでていい感じです。重厚感が増して重くなりましたが個人的にはまったく許容範囲内。
電池の持ちも新品という事もあるのか良くなった印象。丸2日は使い続けられると思います。他のレビュー等でも書かれていますが、アプリの起動・応答が初代とは段違いに早いので快適です。

Apple Pay (Suica)の対応も私にとってはアップグレードによる大きなメリットになりました。毎日の通勤も右腕にはめた(左利きなので)Apple Watchで快適です。Suicaのリーダー!?によっては、WalletアプリからSuicaの支払いモードにする必要がありますが、改札やコンビニではそのままで読み取りしてくれます。

ひとつ気になったのが、初代からの移行での躓きでした。移行に際して初代とiPhoneとのペアリングを解除してからSeries 2のペアリング -> リストアという流れの筈でしたが、iPhoneを再起動しないとうまくペアリングできなかったのと、初代の設定をリストアしようとすると毎度(3回)途中でペアリングが解除されてしまって処理が止まるという事象が起きました。
移行で戸惑った場合には、iPhoneの再起動とリストアではなく初期設定をオススメします。

結論としてはSeries 2へアップグレードして良かったという感想です。

Office 2016 for Mac 15.30.0 (ビルド 17010700)

2017年1月11日Microsoft Office 2016 for Mac 15.30.0が公開されています。Microsoft AutoUpdateを利用して各アプリケーションのアップデートする事ができます。

microsoft_autoupdate15-30-0

対象はPowerPoint/Outlook/Excel/OneNote/Word。OneDriveは別途AppStoreで17.3.6725.0105が公開されています。

リリースノートをみてもWordのフォーカスモードに関する機能更新以外に明確な修正・変更点の記載は記載されていませんでした。

 

How to factory reset Withings Thermo

BluetoothでiOSやAndroid端末に体温を送る事ができるWithings Thermoを輸入してつかっています。まだ使いきれていない部分がありますが、マニュアルに載っていない初期化(Factory reset)する方法を見つけたのでメモしておきます。

Thermoのボタンを押し続けてSettingと表示されたら、6回ボタンを押すと初期化されます。スマートフォンとのペアリングも解除されます。おかしいなと思ったらお試しを。

iPhone 7 Plus + Moment Lens + Air Jacket

iPhone 7/7 Plus向けMoment Lensマウンティングプレートが11月末頃から発送されています。これを機に使用頻度が激減したコンデジをやめて一眼レフ & iPhone+Moment Lens体制に移行する事にしました。

購入時に懸念していたのが、既存のiPhone 7 Plus用ケースとMoment Lens用プレートの相性でした。まだiPhone 7/7 Plus用のケースは開発中のステータスですし、私のiPhoneは代々パワーサポートのAir JacketであまりiPhoneのデザインを壊す事なくカバーしてもらっていました。ケース薄い事もあり、ケース上にプレートを取り付けられるか、プレートを取り付けた上にケースが取り付けられるかの選択が可能かはプレート到着までは分かりませんでした。

で、結論。かなり強引にではありますが、iPhone 7 PlusにMoment Lensのマウンティングプレートをつけた上からAir Jacketを装着する事ができました! Air Jacketのつけ外しの時にかなり苦労しますが、レンズのつけ外しも問題なくできます。


もちろん、iPhone 7/7 Plusから使えるようになったApple Payも問題なく使えました。後は撮影時に安定させたり落下防止のためのグリップかストラップを装着すれば、楽しく撮影する事が出来そうです。

勢いに任せてレンズを4本 (Supwerfish/Wide/Macro/Tele)買ったらカメラを売った価格がそのままかかってしまいました。あとiPhoneのレンズはどうしても汚れてしまうのでHAKUBAのレンズペン micro PROが手放せなくなりそうです。

macOSでtftpサーバを有効にする方法

macOS (Sierraで実施)で特別なアプリケーションをインストールする事なく、tftpサーバとして機能させる事ができます。急に必要になった時に手元のMacで使うことができます。

ターミナル.appで以下のコマンドを実行するだけでtftpサーバが有効になります。

$ sudo launchctl load -F /System/Library/LaunchDaemons/tftp.plist

$ sudo launchctl start com.apple.tftpd

標準状態では /private/tftpboot がファイルパスになります。配布したいファイルはここに保存します。

無効にする場合は以下のコマンドを実行します。

$ sudo launchctl unload -f /System/Library/LaunchDaemons/tftp.plist

以上

Apple IDの2ファクタ認証で特定端末のみログインできない事が..

iPhoneやiPad、Macなどで利用する Apple ID。そのセキュリティを高めるために2ファクタ認証という機能があります (2ステップ認証とは別)。要するに、パスワードだけではログインさせず、別の端末に6桁のワンタイムパスワードを送付して、そのパスワードを入力する事でログインさせる仕組みなので自分が別端末で許可を出さないとログインできない仕組みです。そんな2ファクタ認証でトラブルがあったのでメモしておきます。

[発生事象]
特定の端末でログインしようと思ったところ、別端末に送られたワンタイムパスワードが何度やっても無効と判断されログインに失敗し続ける。他の端末ではワンタイムパスワードが有効でログイン可
(iPhone 7 Plus/iOS 10.1.1)

[原因]
不明

[回避策]
Apple IDの2ファクタ認証を解除して再設定する

[影響]
– 2ファクタ認証の設定解除・再設定の手間がかかる
– すべての端末で mac.com/me.com/icloud.com メールのアプリケーションパスワードを再発行 & 再設定が必要
– Apple WatchでMacのログイン解除をする設定の再設定 (Apple 
Watch AppでiCloudへログイン)が必要

その当時、どうしてもApple IDにログインしなければならない理由があったため、Apple Supportに問い合わせて対応頂きましたが、同様の事象について確認されていない事、急ぎ回避するためには2ファクタ認証を一度解除してみて欲しいという事で問題の原因追求までは行き当たりませんでした。そもそもシステム/ソフトウェアとはバグが潜んでいて当然 + 回避策があればとりあえずは問題ないという考えなので、いずれ解決してくれる事を望みます。

2ファクタ認証の再設定後、2週間ほど経過していますが再発などはないので忘れようと思います。ひとまず、同じ問題でお困りでかつ時間がないときには2ファクタ認証の解除をお試しください。時間がある場合にはAppleサポートへ相談して原因を調べてみると良いかもしれません。