Mac | ThunderbirdをLionのFull-screenで使いたい

Lion (Mac OS X 10.7)を使い始めてだいぶ経って、Full-Screen画面操作にも大夫慣れてきました。ただ、LionのFull-screenに対応していないアプリはFinder上で重なり合ってしまうのがあまり好ましくないので、何とかできないかと探していたら、SIMBL + Maximizerを使う事でThunderbirdなどの対応していないアプリケーションでもLionのFull-screenに対応できる様になりました。

  1. SIMBLをインストール (Lion用はありませんが10.7.3でも問題なく動いています)
  2. 初めてSIMBLを導入した人は ~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins ディレクトリを作成
    (SIMBL/Pluginsディレクトリはデフォルトではありませんでした。Terminal.appで操作すると簡単です)
  3.  Maximizerをダウンロード & 展開した Maximizer.bundle を、先ほど掘った ~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins に移動
  4. Full-screen未対応のアプリケーションを起動(再起動)するとFull-screenで使えるようになります!

画像

結局、この方法も裏技なので早くアプリケーション・サイドでFull-screenに対応して欲しいものです。

追記: 10.7.4へのアップグレード後に ~/Library/Application/Support 以下の SIMBLディレクトリがなくなっていました。消えてしまった場合は、再度ディレクトリを再作成してファイルをコピーしてあげる必要がありますのでご注意下さい。

追記2: Thunderbird使用環境でのMaximizerの使用をやめました。理由として、すべてのウィンドウを拡大表示しようとする為、文書作成画面から”送信中”という画面まで全画面表示になります。それだけではなく、それらのウィンドウが消えた後も仮想ウィンドウが残ってしまいウィンドウ数がどんどん増えてしまう為です。

Thunderbird 改行文字数の変更

(当時、Thunderbird 3.1での動作を確認しましたが、Thunderbird 17.02でも同じ設定が有効です)
追記. Windows 版でも同じ設定が可能だったので追記します。

最近Thunderbird関連のメモが増えてきました。今回はThunderbirdで作成中のメールの自動改行でちょっと迷ったのでメモします。以前であれば、環境設定の中に改行文字数の指定があったと記憶していますが、いま使用している3.1ではその項目が見当たりません。

結論としては、about:config と呼ばれる設定エディタから修正を行う事で自動改行文字数を変更する事ができました。その設定エディタもバージョンでズレがありそうですね。

Mac: Thunderbird > 環境設定.. > 詳細 > 一般タブ > ”設定エディタ”をクリック
Windows: ツール > オプション > 詳細 > 一般タブ > “設定エディタ” をクリック

thunderbird_preference

設定エディタが開かれる前に、軽く注意喚起のメッセージが流れます。

thunderbird_about_config

フィルタにmailnews.wraplengthを入力して、表示された行をダブルクリック。
値を72から0に変更することで、72文字目での自動改行が回避される様になります。

逆に、この値を任意の値に変更する事で文字数で自動改行させる事もできるようになります。

Thunderbird 3の文字崩れ解消

いつからか、Thunderbird 3で長文メールをスクロールすると表示されている文字が崩れる現象がみられていました。多少崩れはあるものの、選択したりすることで何とか見えていたので放置していましたが、さくっと調べてみました。

<< 環境 >>

  • MacBook Pro 2.53GHz Core 2 Duo/4GB DIMM
  • Mac OS X 10.6.7
  • Thunderbird 3 (3.1.9)

どうやら、Thunderbird 3自体の問題ではなくPluginにより同様の現象が起きる事があるらしい。試しに、ヘッダーをコンパクトに表示するAdd-On “CompactHeader“を削除してみたところ、現象が消えてくれました。再インストールして改めてヘッダーを小さく表示させた所、本文の文字崩れが確認できました。

短時間の切り分け結果では、CompactHeaderによる影響として今回は削除する事にしました。

Thunderbirdのマスターパスワードをリセットする

Thunderbirdのマスターパスワードを設定しているのですが、おかしな事象がいくつか起きたのでリセット方法を調べたのでメモ。

1. Thunderbird > ツール > エラーコンソール をクリック。

2. エラーコンソールのコードに次のコードを入力 : openDialog(“chrome://pippki/content/resetpassword.xul”)

thunderbird_error

3. マスターパスワードのリセットをしていいかの確認が出るので、”リセット”

thunderbird_reset

4. リセット完了。この時点で、記憶されていたメールアカウントのパスワード等が消えているので、
再入力が必要になります。

thunderbird_reset2

reference site: http://support.mozillamessaging.com/ja/kb/%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B

21