Safari 7.0.4 – セキュリティ・アップデート

Mac OS X 10.9 (Mavericks)上のSafariに7.0.4へのアップデートが公開されています。AppStoreからアップデートする事ができます。

http://support.apple.com/kb/HT6254

Safari7.0.4

セキュリティ更新なので早めのアップデートをオススメします。
タブをたくさん使っていろいろなページを開いていても、アップデート後に “履歴” > “最後のセッションの全ウィンドウを開く”をクリックする事で、元々開いていたページを復元する事ができるので、お昼休憩などでのアップデートが良いのではないでしょうか。

Mac | Safariでソースを表示する方法

昔のSafariではページのソースを簡単に見る事ができたはずですが、Mountain Lion(10.8)のSafari(6.0.2)ではデフォルトでソースを見るというメニューがありません。Safariでソースを見る為には以下の手順でメニューを表示させます。

  1. Safariの“環境設定…”から“詳細”を選択
  2. “メニューバーに”開発”メニューを表示”にチェックを入れます
    Safari_Preference_Details
  3. チェックを入れると、メニューバーに“開発”というメニューが追加されていますSafari_Menu_After1 
  4. “開発”メニューの中に“ページのソースを表示”があるのでクリックすると、ソースが表示されます。
    Safari_Dev_Menu1 

これで今まで通り、Safariでメニューからソースを見る事ができるようになります。

Safari 4 Beta

仕事用 MacBook (Core Duo 2.0GHz/2GB DIMM)に Safari 4 Beta をインストールしてみました。
http://www.apple.com/jp/safari/

インストールは Installer によるインストールで、Safari 3 beta の様に既存のSafariとの単純な共存はできそうもなかったです。インストール成功後には再起動を求められるので、やりかけの仕事がある人はご注意ください。
Safari 4 Install Success

簡単に使用してみましたが、面白い事に Tab がウィンドウ最上部にあったり、Top sitesというよくアクセスするサイトのサムネール表示する機能だったりと探検したい気分になるブラウザでした。今のところおかしなエラーも起きていません。帰ってからまた試してみようと思います。あとは、Vaio type P でも試してみますか。

Safari Top Site

ちなみに、今朝、家のMacBook Pro (Core 2 Duo 2.4GHz/4GB)インストールしようとした所、”Safariはこのボリュームにインストールできません。ERROR_SEC” と表示されてインストールすることが出来ませんでした。違いは、Boot disk が SSD だということしか思いつきませんが、詳細は帰ってから調べてみようと思います。

追記:
Vaio type P (Vista/SSD)でも試してみましたが、こちらのインストールは無事成功しました。SSDという予想は早くも外れました。。
このサイトに ERROR_SEC というキーワードで来られた方が多いので、他にも同じ現象にあっている方が多いみたいですね。Mac/SSDなのかな?

Safari 4 Beta on Windows VistaWindows のSafari 4 Betaの感想ですが、3のようにMac風な外観ではないのが残念ですが、”Tabs on Top”と呼ばれるタブの表示が従来のWindowsアプリと違って新鮮ですね。

追記2. ERROR_SEC の問題ですが、解決しました。詳細は次のポストに記載しています。