iPadでデスクトップ・Web版Outlookを使う

勤務先がOffice 365のためOutlookを使うのですが、Windows版と比べてmacOS版もiOS版も機能が足りなかったり使い勝手が良くない事がいくつかあります。対策として、macOS/iPad共にウェブブラウザでoutlook.office365.com (Outlook Web App/OWA/Outlook on the web)へアクセスして使ってます。

ただ、iPadでoutlook.office365.comへアクセスするとモバイル版のサイトが強制的に開かれて古いWindows Phoneの様なUI (Metro UI?)が表示されます。Microsoft Edgeでデスクトップ用のサイトを開く様な設定をするのもひとつの手ですが、その為にEdgeをインストールするのもね..

ということで、iOS版Safariでデスクトップ版のOutlook on the webを表示する方法。
モバイル版のOutlookが表示されている状態でリロード🔄を長押しすると、(英語だと) Request Desktop Site と表示されます。それを押すとデスクトップ版のOutlook on the webが表示されるようになります。

確認環境: iOS 12.2 / iPad Pro 2018 (11 inch)
これで機能の足りないiOS版Outlookを補う事ができますね。

Outlook 2016 for Macがディスク容量をバカ喰いしている..

業務で使っているMacBook (Early 2016/macOS 10.13.3)のディスク空き容量が極端に減ったのでチェックしたところ、Outlook 2016 for Macが150GB近く消費していました。動作が不安定なのでリカバリを試していたのが原因かもしれないが、10GBのOffice 365ストレージに対してこの容量はどう考えてもおかしい。リカバリもうまく動作しないので、AppCleanerでCleaningしたところ142.2GBも空き容量を増やす事ができました。Outlook2016_clean

業務上、Outlook 2016は使わざるを得ないので Office 2016 のインストーラーから Outlook 2016だけ個別にカスタムインストールする事ができるので、容量をバカ喰いしていると感じたらアンインストールして、再インストールするのが手っ取り早いです。ほとんどの設定はOffice 365側に残っているので。

※ メールボックスのリカバリを4回試しましたがいずれも成功しませんでした。