Office 2016 for Macのライセンスエラー

MacBook Retina 12 (El Capitan 10.11.2)で、2ヶ月ほどOffice 2016 for Macの永続ライセンス版を使用していますが、仕事始めのタイミングで突然以下のエラーが出てきました。

office2016_lic_error

“この製品をライセンス認証しようとしたとき、エラーが発生しました。もう一度やり直すか、別の利用可能な製品を選んでください。”
ということで、もう一度認証し直そうとしても同じエラーが出る。ネットワークに問題があることも考えて、ネットワークを変えたり、別のユーザから認証を試みても残念ながら変化はありません。

しかも、OKをクリックすると下記のエラーで、ライセンスが見つからないと.. 別のアカウントを使用してOfficeをライセンス認証してくださいって何か変..

office2016_license_error

キーチェーンの問題も考えて、キーチェーンをリセットしてみてもやっぱりダメ。(やるんじゃなかった..)

で、これでダメならサポートに頼ろうと思い、Office 2016 for MacをAppCleanerを使って完全削除〜再インストールしたところ、何事もなかったように認証できる + 使える様になりました。

今回は突然使えなくなったので、今後も起きる可能性があります。毎回インストーラーをダウンロードするのも時間と手間の無駄なので、インストーラーをローカルに保存しておくことにします。

Microsoft Office for Mac 2011 14.3.8 更新プログラム

Office for Mac 2011に14.3.8 更新プログラムがリリースされています。

上記更新プログラムの修正ページをみると、”重大な問題の修正” や “セキュリティの強化” がうたわれています。

更新の際、Office だけではなく Safari や Firefox などのブラウザを閉じる必要があるので仕事に一区切りついてからの更新をオススメします。

Mac | “Office365Service が予期しない理由で終了しました。”が解消

いつからか、使ってもいない(使う事ができない!?) Office 365 のエラーが出るようになっていました。 “Office365Service が予期しない理由で終了しました。” と。
20130607_Office465
Office for Mac 2011はインストールされているのですが、このレポートが出てくる様になった理由も思いつかないままでした。

先週 (6/10/2013)にリリースされた、Microsoft Office for Mac 2011 14.3.5 更新プログラムを適用してみたところここ数日はエラーレポートが出てこなくなっています。リリースノートをみても、特にOffice365関連のアップデートは見当たりませんが、セキュリティ対応のアップデートでもあるので適用した方が良いのでしょうね。