MacBook Air フラッシュストレージドライブ交換プログラム (Mid 2012) でてます。

MacBook Air フラッシュストレージドライブ交換プログラムなるプログラムが公開されていました。

対象は MacBook Air の Mid 2012 モデルという 2012年6月から2013年6月まで販売されたモデルで、64GBまたは128GBのFlash Storageを搭載したもの。極一部ではデータ消失の可能性があるそうです。該当するモデル・Flash Storageサイズをもっている方は、Flash Storage Firmware Update 1.1 でファームウェアをアップデートを試みて、その結果アップグレードされない場合にはアップルが無償でFlash Storageを交換してくれるそうです。

MBA_About_Mac

私が仕事で使っているモデルが MacBook Air (Mid 2012)で詳細な説明を読まずにファームウェアのアップデートをしようとしましたが、Flash Storageが256GBだったので、”警告 お使いのコンピュータには、このアップデートは必要ありません。”と怒られてしまいました。そんなわけで対象外と理解しました。そもそも、対象モデルを使用していると、App Store のアップデートでファームウェアが自動で表示されるはずなので、わざわざ自分でダウンロードしてアップデートを試みる必要はなさそうです。

MBA_Flash_Storage_FW_Update1.1

MacBook Air SMC ファームウェア・アップデート 1.9

MBA_SMC_Update_1.9

MacBook Proと同様に、MacBook Air (Mid 2012 / Mid 2013)にもSMCファームウェア・アップデートが来ていました。修正ないようは先日の MacBook Pro Retinaのものと同様にSMCに関する修正でした。

気になったのは、同アップデートを流してから OS X v10.8.5 追加アップデート 1.0 が現れた事。何かしらの関連性があると見てよさそうですね。

OSX1095_Additionan_Update1.0

Mac | Cisco AnyConnect が異常終了を繰り返す (解決済み)

いつからか仕事用のMacBook Air 11でCisco AnyConnect が接続時に異常終了する問題が毎回起きていました(過去形)。特にきっかけになる事象が思い当たらないのですが、解決したので備忘録としてメモしておきます。

<< 事象 >>

  • OS X 10.8.4 / MacBook Air 11 (Mid-2012)
  • AnyConnectは自体は普通に起動してくる
  • VPN接続をしようとID & Passwordを入力した直後にクラッシュ
  • AnyConnectを再インストールしても変化なし
  • ディスクのアクセス権修復を行っても変化なし

<< 対処法 >>

  • 一度 AnyConnect をアンインストール (/Applications/Cisco の下に uninstall プログラムがあります)
  • /Users/xxxxx (ユーザ名)/Library/Preferences の下にある以下のファイルを削除

    com.cisco.Cisco-AnyConnect-Secure-Mobility-Client.plist
    com.cisco.uninstaller.plist

  • 念のため、OS再起動をしてディスクのアクセス権を修復
  • AnyConnect をインストール

どこが悪かったのか分かりませんが使えれば問題ないので良しととします。

Mac OS 10.8.4 アップデート中

2013年6月5日に Mac OS X 10.8.4がリリースされています。

早速 MacBook Pro 15 Retina と MacBook Air 11 (Mid 2012)をアップデートしてみたところ、大した問題ではないのですがアップデートで躓いています。アップデート後の再起動時にグレーの壁紙でステータス(プログレス!?)バーが出てきて欲しい所で2台とも出てきてくれず、グレーの画面でファンが回り続けている状態になっています。

MacBook Proは時間がなかったので強制的に電源オフしてから起動させてしまいましたが、問題なく起動してくれました。MacBook Airは時間があるので放置してみていますが、もう20分くらいは変化ありません。

もうしばらく様子を見る事にします。

(追記)
MacBook Air (Mid 2012)ですがもう15分くらい放置していたら。電源が落ちていました。恐らく再起動後のログイン画面で放置されたために電源が落ちたと思われます。起動後の動作も問題ないので、何らかの要因で再起動・アップデートに時間がかかっただけなのかもしれません。
別の MacBook Pro 13 (Mid 2008)はそれほど時間もかからずにアップデートが終わりました。

(追記2)
このアップデートをインストールするには、2.33 GBのディスク領域が必要です。

New MacBook Air’s SATA speed

いろいろな記事で、MacBook Pro 13/15 inch の SATA Speed が 3.0 Gigabit から
1.5 Gigabit に degrade しているという話題がでていますね。
念のため MacBook Air (Mid 2009?) と、MacBook (2 GHz Core Duo) でも確認してみました。

結果は、MacBook Air (Mid 2009) は NVidia MCP79 AHCI を搭載していて3.0 Gbit 、
MacBook (2GHz Core Duo) は Intel ICH7-M AHCI で 1.5 Gbit でした。
確か、家の 2.4 GHz MacBook Pro も 1.5 Gbit だったと思います。

Xbench のスコアではテスト環境の違いもあるものの、3.0Gbit の MBP + SSD (SLC) の値が
一番高かったりしたので、MacBook Air が SLC の SSD を搭載していれば!?
あり得ない想像をしてみたり.. (そもそも MLC なのかも不明)

MBA_SATA