Lark | ログインエラーでログ保存できない

LarkがBluetoothのペアリングの問題なのかSleep Logを保存してくれないという記事(こちら)を以前書きましたが、昨晩(1/27)も別要因で保存できない状況がありました。
サーバ側の何らかの要因で登録してあるID/Passwordでログインできず、Sleep Logが保存できませんでした。- 27 Jan 2013 23:30 (JST)

[状況]

  • 普段は表示されないログイン画面が表示され、ログインが求められる
  • ログインしようと正しいID・パスワードを入力しても”Could Not Authenticate”でログインできない
  • Sleep Logは保存できないが、Alarmだけ使うか?と聞かれる
  • lark.comへのアクセスは可能

[対応策]

  • ありません! (笑) サーバへのログインなしにはSleep Logは保存できない様なので、その日のSleep Logは諦めます
  • Sleep Logなしでも指定の時間に起こしてくれます
  • ほとんどは翌朝にログインできるようになっています

昨晩のLogin FailについてTwitterで検索したところログイン・エラーを訴えている人もいるので、私だけ or 日本だけの事象ではないようです。
https://twitter.com/ourlark/status/295589676016861185
確かに週末に認証関連のエラーが多い気がします。眠る間際にこの手のエラーで睡眠時間を削るのは無駄なので、エラーが出たら諦めてすぐに寝るようにしましょう。

LarkがSleep Logを保存してくれない時の対処

私は寝る時に睡眠状態の確認と、目覚ましとしてlarkアンアラームシステム (Focal Point/lark)を身につけています。これを腕に付けて寝る事で、睡眠状態のトラッキングができると同時に、腕に付けたlarkがバイブレーターで起こしてくれるので確実に目が覚めます。また、隣で寝ている相方の睡眠を妨げないので重宝しています。

そんなlarkですが、ここ数日付けっぱなしで寝ているにも関わらず “Data shows less than 10 minutes of sleep. Not saved to history.” という表示が出て睡眠状態を保存してくれなくなっています(私のiPhoneは少しでも英語を覚えるために英語設定になっているので英語表示です)。とりあえずアラームは動作してくれるのでいいですが、折角なので睡眠状態のトラッキングもして欲しいものです。

20130113_Lark_Error

対策として、iPhoneとのBluetoothのペアリング解除 + 再ペアリングを行ったところ、再びトラッキングしてくれる様になりました。ペアリングの手順は以下の通り。

  • iPhoneのBluetooth設定からLARK-XXXXの登録を解除します
  • lark用の充電ドックに差すかUSBケーブルをつないでlarkのLEDが点灯状態になるのを待ちます
  • iPhoneの”設定”から”Bluetooth”を開きます
  • larkを充電ドックまたはUSBケーブルから外してLEDがオレンジ色に点滅します
  • iPhoneのデバイス一覧にLARK-XXXXと表示されるので選択すると”接続”となり、ペアリング完了です。

後は通常と同じ様に寝る前にアラームを設定して眠ればトラッキングしてくれます。並行輸入した製品は壊れたらどうしようもないので、この程度で済むとホッとしますね。

(1/28/2013 追記 Lark | ログインエラーでログが保存できない)

——–
When your lark shows “Data shows less than 10 minutes of sleep. Not saved to history.” in spite of you slept more than 10 minutes. It’s better to try re-pairing lark device on iPhone bluetooth settings.

——–
Reference : Paring; How do I pair the LARK with my iPhone/iPod/iPad? (support.lark.com)