Java 8 update 71 build 15

2016年1月19日に、最新版のJava 8 update 71がリリースされています。重要なセキュリティー脆弱性対応をはじめとしたアップデートという事ですので、アップデートをオススメします。

OS(Mac OS/Windows)の再起動は必要ありませんが、タイミングをみてブラウザ等の再起動することで効果が得られます。

java8u71b15

Java 8 Update 71のBug fixes – oracle.com
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/2col/8u71-bugfixes-2811127.html

Java 8 リリースのハイライト (Mac) – java.com
https://java.com/ja/download/mac_java_update.jsp

Java 7 Update 65

Java 7 Update 65 がリリースされています。セキュリティ・アップデートの位置づけの様ですので、早い段階でのアップデートをオススメします。
手持ちの Mac OS X 10.9、Windows 7 の環境でアップデート済みですが問題は確認されていません。

一点、気になったのが Windows 版のインストール時に Ask.jp の検索バーがバンドル(おすすめ?)されていたことくらいでしょうか。無償で配布するにもスポンサー的なバンドルが必要なのでしょうね。不要な方は間違ってインストールしないように気をつけましょう。

java7update65

 

 

 

 

 

 

7u65 Update Release Notes – oracle.com

Java 7 Update 55 (セキュリティ更新)

Oracle社から定期セキュリティ更新として、Java 7 Update 55がリリースされています。
アップデート方法は従来通りで、OSの再起動などは必要ありません。

Java SE Development Kit 7 Update 55 Release Note

java7update55_mac

私は既にアップデート済みですが、アップデートによる影響はみられません。

Java SE 7 update 51がでています。

Java SE 7 update 51が米国時間2014年1月14日にリリースされていました。定期アップデートですが、セキュリティの問題を多数修正している様なので、早めにアップデートした方が良さそうです。

ダウンロードは下記のURLから。
www.java.com/ja

セキュリティ強化の為、7u25 からコード承認や権限の設定が厳しくなったようで、配布側が正しく設定していない場合にはApplet や Web Startが起動しない様な問題が起きる可能性がある様なので注意したいですね。オラクル社のBlogにも開発者向けのメッセージが出ていました。

アップデート方法は以前と変わりなく、OSの再起動も必要ありませんでした。
セキュリティ対応はOSメーカーやアプリメーカーなどの責任ではなく使用者の責任なので、忘れずにアップグレードしておきたいですね。

Java SE 7 Update 45 でてます

2013年10月15日にオラクル社からJava SE 7 Update 45がリリースされた模様です。こちらから最新版をダウンロードする事ができますが、いつも通りMacやWindows上のGUIからアップデートする事もできます。

This release includes important security fixes. Oracle strongly recommends that all Java SE 7 users upgrade to this release.

セキュリティ対応もされているバージョンの様なので、今回もアップデートをしておくに越したことはなさそうです。JREのアップデートについてはアップグレード時のOS再起動やブラウザの再起動は必須ではありませんでした。Javaを使ったアプリを使用している場合のみ、アップグレード後にそのアプリケーションの再起動を行う必要がありそうです。

J7u45

MacでJava SE 6を使っている場合、ソフトウェアアップデートからJava for OS X 2013-005 (10.7, 10.8)またはJava for Mac OS X 10.6 Update 17 (10.6.8)へアップデートすることで、最新の Java SE 6 Update 65 を使用する事ができます。

Java_for_OS_X_2013-005

Java 7 update 40 released

(2013年9月11日 23時現在) まだMacのJava更新メニューでは新しいバージョンのダウンロードできないのですが、Java 7 Update 40がリリースされていました。java.comへアクセスすると最新版がダウンロードすることができます。

Release Noteをみたところ、今回はセキュリティ対応ではなくバグフィックスや機能追加がメインのアップデートだったようです。Macに対しては、”Retina Display support on Mac OS X” なるアップデートもあった様です。

JRE7のWebからのダウンロードはこちら(oracle.com)から。

(追記. JDKをダウンロードした場合でも、ファイルを展開するとJDKとJREの両方のファイルがあるので再度ダウンロードする必要はないです)
(追記2. 2013年10月15日にJava SE 7 Update 45がリリースされています -> Java SE 7 Update 45 でてます)

Sony Bridge for Macを使ったXperiaのアップデートは..

Sony Bridge for Macを使ってXperiaのアップデートを試みましたが、何とJava SE 6 が必須条件でJava SE 7な私のMacはエラーになってしまいました。このJava 7の時代にJava 6が必要と言われても、(やろうと思えば方法はありますが)一般的には入手できないので厳しいですね..

Bridge for Mac Software
“Java SE 6 required for phone software update”

今回は時間がないので、Parallels Desktop上のWindows環境でSony PC Companionを使ってアップデートしました。次のアップデートまでには、Java SE 7対応してくれるとありがたいのですが > Sony さん。

追記. 2013/9/17 現在の最新版 Sony Bridge へアップデートしたところ、Java 7なMacでもアップデートする事ができました。ありがとう、Sonyさん。

XZU_14.1.B.0.471_01

XZU_14.1.B.0.471_02

XZU_14.1.B.0.471_03

 

Xperia Z Ultra に関する過去の記事はこちらからご覧下さい。