(感想) 1Passwordに関する騒ぎを冷静に見ると..

個人的な必須アプリである 1Password がちょっとした騒ぎになっています。あたかも1Passwordがパスワードなど色々な情報をリークしているのではないかと思わせるタイトルの記事が発端。

開発元のAgileBitsのブログで述べられている通り、パスワードが他者から見られてしまう類いの問題ではないので、Leakされているという記事を深刻に受け止める必要はないと思っています。もっとも、.agilekeychain ファイルだけではなくローカルまたはDropbox上のファイル他者に見られてしまう状態の方が遙かに問題かと。

When a Leak isn’t a Leak. – AgileBits Blog

古くからの1Passwordユーザで .agilekeychain で保存されている場合で懸念を減らしておきたいという場合には、下記のブログに記載されている手順で .opvault に変換する事ができます。

Can I switch to OPVault from Agile Keychain? – AgileBits Blog

私もMac 2台・iPhone 2台・iPad 1台をDropboxで同期させているものをこの手順で変換しましたが、何の問題もありませんでした。過激な記事のタイトルだけに踊らされず、冷静な目でじっくりと対処する事が必要ですね。

“Fog of World”のデータをバックアップから戻す

Fog of World (世界の霧)”というiOSアプリを愛用しています。iOS端末のGPSでどこに行ったのかを地図上に記録してくれるアプリで、旅行やドライブする時には向かうときは必ず立ち上げています。GPSの位置情報を記録する仕組みなので、電波が届かない場所でも記録することができます。
例えば、これ↓はマウイ島に行ったときにどこに行った(通った)かが記録されています。

fow_maui

そんなFog of Worldですが、GPSの不調なのか行った事もない場所の霧が晴れてしまう事が稀にあります。どれだけ世界の霧を晴らしたかを記録する事が目的なため、あまりに突拍子もない場所の霧が晴れていると気分がよくありません。下記の例では、紀伊半島沖と北陸地方に線が入ってしまっています。流石に飛行機でもこの軌跡は出せませんし、この線だけでズルしたようにレベルが10くらいあがってしまうので、何とか削除していものです。

fow_before

アプリ上や軌跡を削除することができないため、Dropbox上にバックアップされたファイルを用いて戻す事にしました。ただし、この線が記録される前のデータが、いずれかのiOS端末に存在する必要があります。今回は運良く数日前にバックアップして、線が記録されていないiPhoneがあったので、そのデータを正とする事にしました。

※ 注意点

  • 戻されるデータから、最新データまでの間に記録した軌跡は削除されてしまいます
  • iOSやDropboxの言語設定などによりDropbox上のパス(ディレクトリ)が異なる場合があるかもしれません

[ 環境 ]

  • iPhone (最新データだが、意図しないデータが残っているiOS端末) – iOS8.1.4/英語
  • iPad (古いデータのままのiOS端末) – iOS8.1.4/英語
  • 同期はDropbox経由 (iPhoneからSync済みのため、意図しないデータが残っている状態)

[ 手順 ]

  1. Dropbox上のバックアップファイルを移動します
    • Dropbox/アプリ/Fog of World/Backup内のファイルを他のディレクトリにMove
    • 上記のディレクトリ内が空になったことを確認
  2. iPad (古いデータのままのiOS端末)を同期させる (Sync and Backup)
    • “Fog of World”アプリ内の、GENERAL > Sync and Backup で Dropbox に同期させる
    • 1. で空になった Dropbox/アプリ/Fog of World/Backup 内にファイルが20個以上作成されます
    • 必要のない線が消えたことを確認
  3. iPhone (意図しないデータが残っているiOS端末)のアプリを削除してから再インストール
    • この時点では “Sync and Backup” しないように気をつけてください。古いバックアップも上書きされてしまいます
    • “Fog of World” アプリを削除することで端末上のデータも消えます
    • 再インストール後に起動すると霧が晴れていない Level 1 に初期化されます
    • アプリ内で Dropbox と Link させます
  4. iPhone と Dropbox 上のデータを同期させる
    • GENERAL > Sync and Backup で Dropbox 上のデータで上書きします
    • 元々iPadにあったデータと同じ状況に戻ります
  5. (Option) データの差分をGPSロガーのデータで持っている場合は情報から戻す
    • 1つのログファイルを読み込む毎に Sync しておく事をおススメします
  6. (Option) 他にも同期しているiOS端末がある場合は 3. と 4.を繰り返す

以上でレベルは下がってしまいますが最近できたおかしな軌跡を消すことができました。再インストールにより設定も初期化されていますが、インチキな軌跡が消えてスッキリしました。

fow_after

これで今後も色々な所に行って霧を晴らせるように楽しむことができます。
なかなかリリースされませんが、”Fog of World 2″も楽しみですね。

MINI Connected Asia 2.6.1 で動作確認 OK

先日、iOS版MINI Connected Asia 2.6 にバージョンアップしたところ、MINIと繋がらなくなった件についてこちらに書きましたが、5月15日に2.6.1がリリースされていました。

MINI_Connected_Asia_2.6.1

結論から言うと、2.6.1にバージョンアップした後は2.6で起きていた繋がらないという事はなくなりました。2.6から、バックグラウンドで起動できるようになったので、MINI ConnectedをiPhoneで表示していなくても、”Driving Excitement” や “MINIMALISM Analyser”の計測が可能になりました。これはありがたいアップデートです。
Facebookとの連携は Facebook 側のAPIの変更の影響で2.6から削除されたようです。

Reference.

(解決済)Mini Connectedのアップデートは待った方が良いかもしれません

(2015年5月当時のメモですのでご注意ください)

MINI Fシリーズ(BMW)をiPhoneと接続するMINI ConnectedというiPhone Appが5月5日に更新されましたが、ご利用の方は様子を見た方が良いかもしれません。私の場合は、MINIとiPhoneの接続ができなくなってしまいました。iPhone AppではConnecting..と出た後、接続されていない Status 画面に戻ってしまうようになりました。(当たり前ですが、iPhoneが接続できなくても運転には全く支障ありません)

IMG_0289

[ エラー / Error ]

  • (Japanese) Appに互換性がありません。Appを更新してください / (English) App not compatible, update if necessary.
  • Self-diagnosis: Authentication test Failed.
  • Check code: 17y-94y-371
  • Please update the app.

[ 環境 / Environment ]

  • 車種: MINI Cooper S F55 (2015年3月納車)
  • Software Version (MINI) : MN-002.049.003 / TN-002.049.003
    (※ ダウンロードする事ができるUPD05062 002.255.062/002.255.060 にしても変わらず)
  • MINI Connected (iPhone) : 2.6

iTunesに残っていた Connected 2.5.5.ipa をiPhoneに入れ直したところ元どおり繋がるようになりました。ただし、iPhone AppのアンインストールやMINIのソフトウェアアップデートを繰り返したため、”Driving Excitement” や “MINIMALISM Analyser” の過去のデータがなくなってしまいました。MINI乗りの皆さんは、無用な再インストールなどしない事をオススメします。

Reference


2015/5/8 追記.
1. アプリケーションのサポートに連絡しています
2. 日本で入手する事ができるMINI Connected Asiaではなく、MINI Connectedはバージョンが違う様です

2015/5/15 追記.
サポートからの応答はありませんが、Mini Connected Asiaの2.6.1がリリースされました。週末にバックアップした上で試してみます

2015/5/16 追記.
Mini Connected Asia 2.6.1で接続できる事を確認しました。サポートからも新しいバージョンが出ている事の連絡がありました

iOS 8.3 & VoLTE

日本時間の2015年4月9日未明、AppleがiOS 8.3をリリースしました。

主に謳われているのは、パフォーマンス改善と不具合修正、絵文字キーボードの変更の3点ですが、画面の向きや回転に関する修正の他、ファミリー共有、Wi-Fi及びBluetoothに関する修正も入っています。

日本のユーザーで大きいのはこのタイミングに合わせてか、キャリアアップデート後にVoLTE対応になっています。(個人的な呟きになりますが、VoLTE対応の設定にすれば、香港版などのSIM unlockedなiPhoneがauでも使えるのかが気になります)

早速、U.S.版のSIM unlockedなiPhone 6でアップデートしました。アップデート直後に、ネットワークを掴んでいませんでしたが、エアプレーンモードのOFF/ONで無事に掴んでくれました。

元々、auのiPhone 6を持っていたからか、VoLTEもプランの追加なしに設定する事ができています。ただ、家族を含めてVoLTE対応機種を持っている人がいないので、恩恵にあずかれるのは先になりそうです。

アップデートして5時間程度ですが、今のところ不具合的な動作は確認していません。絵文字キーボードが詰め込まれた感じに変わっている事に気が付いた程度です。

(追記)
VoLTEを有効にする際、設定の “4Gをオンにする” > “音声通話及びデータ” の設定が必要です。Twitter上の情報を見ていると、SIMフリー版はオプションの申し込みが必要という表示がされるというものが見られますが、私のSIMフリー iPhone 6では表示されませんでした。au版iPhone 6/6 Plusを使用していた時期がある場合には、オプションが既に追加されているのかもしれません。

 Reference:
au VoLTE: http://www.au.kddi.com/mobile/service/volte/i/