iPhone接続時にiPhotoを起動させない方法

今にはじまった動作ではなく、いたって簡単な事なのですが忘れていたのでメモしておきます。

iPhoneやiPadをUSBケーブルでMacに接続する際に、iPhotoが起動してきます。充電目的のためにつないだ場合には邪魔なので、設定をおさらいしてみました。

iPhotoの環境設定 “一般” タブに、”カメラ接続時に開くアプリケーション” という項目があります。iPhoneはカメラの一種として認識されるので、ここを”割り当てアプリケーションなし”に設定してあげれば、iPhone接続時にiPhotoが起動して来なくなります。

20131001_iPhoto

iOS 7.0.2が出てます。

20130927-091534.jpg

iOS7.0.2がリリースされました。7.0.1は新しい端末のみが対象だったようですが、今回はiOS7の全端末が対象みたいです。

今回は時間がなかったのでiPhone上でアップデートしましたが、ダウンロード(Wi-Fi)からアップデート後の起動までは10分程度だったと思います。

公開されている修正内容は、以下の通り。パスコード回避のバグ修正が入っているので早めのアップデートをオススメします。

  • ロック画面のパスコード回避の問題を修正
  • パスコード入力にギリシャ文字キーボードオプションを再導入

iPad VGA アダプタを試す。

既に米国の友人に買ってもらった iPad があるので
今日のお祭り騒ぎには参加していませんが、
参加中の同僚に VGA アダプタを購入してきてもらいました。

早速試してみたところ、すべてがVGA出力される訳ではないと理解しました。

今のところ、VIDEO の出力とKeynoteのスライドショーの出力だけ確認。
Keynoteは作り込みによって、結婚式の二次会などのイベントでも使えそうな予感。

ちなみにiPhone につないだところ、予想どおりの出力でした。

iPad & Think Outside Keyboard

iPadにBluetooth Keyboardがつながるということなので、かつてPDAに
使っていた懐かしのThink Outside Keyboardをダメモトで試してみた。

結果は OK。”Windows key”と”Space key” を同時押しすることで英語と
日本語の切り替えもできるため、なんの不自由も感じさせません。
逆に、PDA 用のスタンドに横向きながらiPadを立て掛けられるので
むしろiPad用と勘違いさせるくらいに相性が良いです。

このポストもiPadのWordPressでポストしてみました。

iPad WiFi を街に連れ出す (Map)

iPad (WiFi/64GB) と EMOBILE Pocket WiFi をクルマに載せて出かけてみた。
3G ではなく WiFi を選択したので A-GPS  の恩恵は得られないと思っていましたが、
更新頻度が遅いながら、位置情報をとらえてくれました。一応、5〜6km 走ってみても
ついて来てくれています。Pocket WiFi のお陰。

Bluetooth GPS はつながったりしないかな!? 今度試してみよう。

※ 追伸、標準状態の iPad は Bluetooth GPSとはペアリングできませんでした。
Jailbreakされた環境では、BT-GPSを使用できるという記事をどこかで見ました。