iOS 7.1が来ました!

iOS 7.1がリリースされました。

アップデートの内容は以下のスクリーンショットの通り、CarPlayの登場やSiri・iTunes Radioのアップデート、カレンダーやアクセシビリティの機能追加・改善などなどです。まぁ、CarPlayは残念ながらしばらくはお目にかかる事はなさそうですが試してみたいですね。その他にも、色々とアップデートされているので、使い始めるのが楽しみです。

iOS7.1

 

iOS7.1へのアップデートに要した時間は、iPad Air (1st Gen)単独で20分前後でした。iPhone 5はiTunes (Mac)経由でアップデート中ですが、iPadよりも時間がかかりそうです。
iOS 7.0.6にしてからバッテリーの消耗が早くなっているのが修正されていれば良いのですが、それは使ってみないと分からないですね。

広告

Spigen SGP GLAS.t for iPad AirとSu-Pen & Jot Pro

iPadでフィルムを貼る際に悩む項目の一つがペンとの相性です。過去にフィルムを貼り替えたらペンが認識しなくなって悲しい思いをしたこともありました。こればかりは店頭で試す事も難しいですよね。SPIGEN SGP GLAS.t for iPad Airと手持ちのペンで試してみました。字が汚いのはご容赦下さい (汗) アプリはPenultimateです。

20131201-114620.jpg

Su-Pen 問題なく書く事ができました。文字の書き始めがたまに認識されない事があるので、若干力を入れて書くとちょうど良いかもしれません。やっぱり音がしないのがいいですね。

Jot Pro こちらも問題なく書く事ができました。Su-Penよりも文字の書き始めには強いですが、やはり書き殴る時に認識されない事があります。ここら辺はフィルムを貼る前でも大差ないかもしれません。Su-Penと比べてペン先が硬いので書く度にカツカツと音がするので、静かな場所での使用は躊躇してしまいます。

文字で残していませんが、100円ショップなどで売っているペン先がゴムのペンは、かなり力を入れれば書く事ができますが、常用する気にはなれませんでした。

今回試した2つのペンではGLAS.t for iPad Airでもまったく問題ありませんでした。むしろ、Jot Proの様な硬いペン先を使う際には安心して使うことができるようになりました。

(過去の記事)

iPad Air用のスクリーン保護にSpigen SGP GLAS.tを選択

iPad Airが軽量化されて液晶面も薄くなったことで、Jot Proなどの金属のスタイラスを使った時にする音が若干気になっていました。iPhoneではCrystal Armorのガラスフィルムを使って気に入っていたので、iPad Airにもガラスフィルムがないか探していたところ、SPIGEN SGP GLAS.t プレミアムスクリーンプロテクターが発売されている事を見つけたので、早速貼ってみました。

正面からみてもフィルムを貼っていない状態との見分けがつかない程のクリアさです。何と言ってもガラスフィルム特有の指触りがたまりません。指紋がつきにくく、落としやすいコーティングもされているそうです。

20131123_SPIGEN_SGP_iPad_Air_01

厚みは0.4mmで通常のフィルムの3倍強い表面硬度を持っているそうです。
20131123_SPIGEN_SGP_iPad_Air_03

0.4mmの薄さとはいえ、ホームボタンが若干奥に行きますが私は付属しているボタンを使う程ではないという印象です。
スマートカバーを閉じた際の磁力が厚みで若干落ちた様な気がします。
20131123_SPIGEN_SGP_iPad_Air_04

軽量化・薄くされたデバイスにわざわざ高価なガラスフィルムを貼らなくても.. と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、iPad Airをスタイラスを使って外でガシガシと使って行きたい人にはオススメです。iPad Air用に発売を待っているアクセサリは、パワーサポートのエアージャケット for iPadのみとなりました。こちらも初代iPad時代から愛用しているので非常に楽しみです。