MINI(F55)のコーディング / ドアミラー格納の動作

MINIのコーディングネタが続きますが、コーディングで有効にしたキーロック時のドアミラー格納の動作についてメモしておきます。

[Coding]
BDC_BODY > KOMFORT_SCHLIESSENの値をwerte=00へ変更

当たり前ですが、ドアミラーが開いた状態でキーロックをした際にドアミラーが格納されますが、逆にキーロックを解除した際の動作が条件によって変わります。

  • 自動でミラーを格納した場合 → キーロック解除時に自動的にミラーが展開
  • 手動でミラーを格納した場合 → キーロック解除時にはミラーは動作せず、手動でのみ開く

手動でミラーを格納した場合には自動でミラーが開く事はないので、立体駐車場など狭い駐車場などでも安心ですね。

MINI Connected Asia 2.6.1 で動作確認 OK

先日、iOS版MINI Connected Asia 2.6 にバージョンアップしたところ、MINIと繋がらなくなった件についてこちらに書きましたが、5月15日に2.6.1がリリースされていました。

MINI_Connected_Asia_2.6.1

結論から言うと、2.6.1にバージョンアップした後は2.6で起きていた繋がらないという事はなくなりました。2.6から、バックグラウンドで起動できるようになったので、MINI ConnectedをiPhoneで表示していなくても、”Driving Excitement” や “MINIMALISM Analyser”の計測が可能になりました。これはありがたいアップデートです。
Facebookとの連携は Facebook 側のAPIの変更の影響で2.6から削除されたようです。

Reference.

(解決済)Mini Connectedのアップデートは待った方が良いかもしれません

(2015年5月当時のメモですのでご注意ください)

MINI Fシリーズ(BMW)をiPhoneと接続するMINI ConnectedというiPhone Appが5月5日に更新されましたが、ご利用の方は様子を見た方が良いかもしれません。私の場合は、MINIとiPhoneの接続ができなくなってしまいました。iPhone AppではConnecting..と出た後、接続されていない Status 画面に戻ってしまうようになりました。(当たり前ですが、iPhoneが接続できなくても運転には全く支障ありません)

IMG_0289

[ エラー / Error ]

  • (Japanese) Appに互換性がありません。Appを更新してください / (English) App not compatible, update if necessary.
  • Self-diagnosis: Authentication test Failed.
  • Check code: 17y-94y-371
  • Please update the app.

[ 環境 / Environment ]

  • 車種: MINI Cooper S F55 (2015年3月納車)
  • Software Version (MINI) : MN-002.049.003 / TN-002.049.003
    (※ ダウンロードする事ができるUPD05062 002.255.062/002.255.060 にしても変わらず)
  • MINI Connected (iPhone) : 2.6

iTunesに残っていた Connected 2.5.5.ipa をiPhoneに入れ直したところ元どおり繋がるようになりました。ただし、iPhone AppのアンインストールやMINIのソフトウェアアップデートを繰り返したため、”Driving Excitement” や “MINIMALISM Analyser” の過去のデータがなくなってしまいました。MINI乗りの皆さんは、無用な再インストールなどしない事をオススメします。

Reference


2015/5/8 追記.
1. アプリケーションのサポートに連絡しています
2. 日本で入手する事ができるMINI Connected Asiaではなく、MINI Connectedはバージョンが違う様です

2015/5/15 追記.
サポートからの応答はありませんが、Mini Connected Asiaの2.6.1がリリースされました。週末にバックアップした上で試してみます

2015/5/16 追記.
Mini Connected Asia 2.6.1で接続できる事を確認しました。サポートからも新しいバージョンが出ている事の連絡がありました

Kenu Airframe Vent Car Mount

WazeMapFan+などiPhoneのナビゲーション・ソフトが充実してきたお陰で、専用カーナビやPNDなどの出番が少なくなっててきました。純正ナビのない私のクルマにはPNDを設置していましたが、マウントがあまり美しくなくFM VICS受信用のケーブルも邪魔に感じて、最近はiPhoneにナビを任せてPNDは外していました。
iPhoneは従来はドリンクホルダーに設置するマウンタ(ホルダー)に付けていたのですが、目線の移動が大きくなるのと、見た目があまり良くありませんでした。

そんな折、Apple Storeで偶然見かけたKenu Airframe Vent Car Mountがシンプル且つ、ほとんどのエアコン吹き出し口に対応するということで購入しました。

20131231-010223.jpg
マウント自体はかなり小さく、余計なモノも付いていません。

20131231-003945.jpg
こちらはマウントだけ取り付けた状態。なかなか吹き出し口にあうマウントがなかったのですが、これはバッチリはまってくれました。

20131231-004132.jpg
次にiPhone 5を取り付けた状態です。変に出っ張らず、車内の雰囲気を壊しません。電源をとるLightningのケーブルのみでスッキリしています。

使い始めてからまだ3日しか運転していませんが、落下することもありませんでした。エアコンの吹き出し口なので、目線から遠すぎるとも感じませんでした。
取り付けた写真は、MINI Crossoverに取り付けてみたところです。BMW MINIは同じ様な雰囲気で取り付けられるのではないでしょうか。運転席の左側より、右側に取り付けた方がみやすかったです。

値段も2980円と高くはなかったこともあり、買って良かったです。偶然、このタイミングでMapFan+の有料オプションが半額という期間限定キャンペーンをやっているので、購入してみようと思いました。

※ ナビとしてはiPhoneではなく、Sony Xperia Z UltraNokia Lumia 1520あたりの6インチくらいが一番みやすいと思いますが、このマウントはそれらのサイズまでは対応していませんでした。重さのバランスもあるのでしょう。

(2014.10.1 追記)
Kenu Airframe Vent Car Mountは、iPhone 6も問題なくマウントできる事を確認しました

iPad & Car Audio (ALPINE CDA-9857Ji)

iPad (Wifi/64GB)をALPINE のカーオーディオ CDA-9857Ji に接続してみた。
アダプタをかませて Dock 経由で iPhone 3GS を充電しながら使用する事が
できている実績のあるオーディオなので、そのまま使えると思ってました。

結果、”This accessory is not supported by iPad.”となり、Dockを接続した状態でも
iPad のスピーカーから音楽が流れるに留まりました。(充電はされている様子)
試しに充電用のアダプタを外すと充電すらできない状態に..

かれこれ4年前のオーディオなので他機種はどうなのか何とも言えませんが、
Dock 経由のカーオーディオは NG な可能性ありです。

当たり前だが、Screen Shot がでかい..