B&O Beoplay E8 の感想 (使用4日目)

Bang & Olufsenから2017年11月22日に発売される完全ワイヤレスイヤホン、Beoplay E8を直営店の先行販売で入手したので使い始めて4日目の感想を。かれこれ左右独立型のBluetoothイヤホンは Earin (初代)、Erato Appolo7、Apple AirPods からの4台目になります。音質を重視するケーブルタイプのイヤホンは別で使用していますが、外出時の音楽鑑賞はケーブルに邪魔される事がないのでほとんどワイヤレスイヤホンで楽しむ様になりました。主な使用シーンは首都圏での電車通勤と徒歩でiPhone XとペアリングしてApple Lossless音源の音楽鑑賞です。

B&O E8

良い点

  • 音質の広がりは他と比較して印象よい
  • イヤホン自体の質感が良い
  • イヤーピースが交換できるので同梱されているComplyを含めて好きなイヤーピースの取り付けができる。いまは手元にあったComply Tx-300をつけています
  • ケースの大きさがコンパクトで持ち歩きしやすく、高級感がある
  • Beoplay.appでイコライザーの設定が可能。いくつかプリセットもある
  • Transparency Modeと呼ばれる、イヤホンをつけたまま外部の音をマイクから取り込む事で周囲の音や会話を聞く事ができるモードがある。取り込み具合の調整も可能
  • Complyチップとの組み合わせで使用中にイヤホンが脱落する事は今のところありません

いまいちな点

  • 特にAirPodsと比較して音の途切れが多い。EarinやEratoよりも多い印象
  • 音途切れが起きた際にイコライザーがオフになる事がある
  • 表面をタッチして操作するタッチコントロールですがふと触れた時の意図しない操作が発生
  • ケースからのイヤホンの取り出し、収納が片手では難しい
  • 他製品と比較すると価格が高い

ちなみに、保証期間内(2年)の修理やバッテリー交換は片側ずつの交換になるようです。

高級感ある本体や広がりのある音質に満足している一方、Bluetoothイヤホンの宿命とも言うべき、音途切れが今の所目立ってしまっています。ファームウェアアップデートなどで今後修正されていく事を期待しながら使い続けていこうと思います。

iOS版BeoPlay.App
beoplay_app

イコライザーの調整
beoplay_tonetouch

イコライザーのプリセット
beoplay_presets

周囲の音を取り込むTransparency Mode
beoplay_transparency

NIKE+ Fuelband (SE)が同期しない時は..

根拠は特にないのですが、最近の経験からメモします。

iPhoneでBluetooth機器と接続が中々出来ない時は、iPhoneの再起動かメモリの解放をする事で接続出来るようになる事があります。

ヘッドセットなどではあまり起きていませんが、Nike FuelbandやFitbitでは接続しにくくなる事がよくあります。つながりにくいと感じたらSySightなどでメモリ解放を試してみて下さい。

Sony Smart Bluetooth Handset SBH52

Xperia Z Ultraと同時期に発表されていたBluetoothハンドセット SBH52 を手に入れました。日本ではまだ発売されていませんので、もちろん輸入品です。詳しい機能はSony Mobileのホームページに載っているので割愛しますが、いくつか感想と気になったところをメモしておきます。

Sony SBH52

SBH52のマニュアルは以下のURLから参照する事ができます。
http://www.sonymobile.com/global-en/support/accessories/smart-bluetooth-handset-sbh52/
※ 日本語のマニュアルも準備されています

外観
Xperia Z Ultraがしっかりとした作りだったので、一緒に比較すると少し安っぽくみえます。また、表面のパネル部分はテカりやすいです。ハンドセットとして使用する際はこのテカりやすい部分にスピーカーがあるので、毎回拭かないといけないかもしれません。

操作性
最初のペアリング以外のマニュアルは同梱されていません。上のURLからたどれるマニュアルをみるまでは分かりづらかったです。

マルチペアリング
対応しています。ただし2台まで。3台目を登録すると1台目が消去されます。今は、iPhone 5とXperia Z Ultraを登録していますがどちらでも使えています。マルチペアリングの際は、どちらの機器をプライマリに設定するかなどをSBH52側で選択する事ができました。NFCでのペアリングは流石に便利の一言。

通話音質
正直よくわかりません(笑) 通話に音質を求めていませんが、普通に話はできました。

ハンドセットとして
サイズ的にはちょうど良さそうです。ただ、ブザーっの様な色々な音がスピーカーから鳴るので静かなオフィスやホテルなどでは使用を遠慮したくなります。電話の着信音は鳴りませんがバイブなどもないので、携帯電話本体で着信を気づいてSBH52で受信する必要があります。Xperia Z Ultraを鞄の中に入れている状態でもSBH52だけで電話を受けられればいいのですが、まだまだ私が使いこなせていないだけかもしれません。

Bluetooth ヘッドセットとしての音質
Audio-Technicaのヘッドホンアンプ内蔵 Bluetoothレシーバー、AT-PHA05BTと比較すると良くないです。ちなみに、イヤホンで音楽を聴いている最中にイヤホンを抜いてもスピーカーから音楽が鳴り続けるので注意が必要です。iPhone/iPodの様に自動的には止まってくれないので、音楽を止めてからイヤホンを抜きましょう。

FMラジオ
今回入手したSBH52は周波数87.5MHz〜108.0MHzの間でしか受信できなかったため、日本でのFMラジオとしての使用はできませんでした。

3時間程触った感想は以上の通りで、残念ながら期待には届いていません。今後ファームウェアのアップデートなどで使い勝手が良くなる事を期待しようと思います。まだまだヘッドセットでは世の中から冷たい目で見られがちな日本ではハンドセットは中間的位置づけで受け入れられやすいと思うのですよね。

追記.
“SBH52 バイブ” で検索して来られる方が多いので記載しておきますが、残念ながらSBH52にバイブは搭載されていません。携帯電話本体を鞄の中に入れておいて、着信時にはポケットに入れたSBH52でスマートに電話をする事をイメージしている方もいらっしゃるかもしれませんが、現時点では音が鳴るのでイメージ通りにはいかないかもしれません。

(2015.12.26 追記)
いつの間にかSBH54が海外で発表されていますね。

SBH52に関する他の投稿はこちら。

LarkがSleep Logを保存してくれない時の対処

私は寝る時に睡眠状態の確認と、目覚ましとしてlarkアンアラームシステム (Focal Point/lark)を身につけています。これを腕に付けて寝る事で、睡眠状態のトラッキングができると同時に、腕に付けたlarkがバイブレーターで起こしてくれるので確実に目が覚めます。また、隣で寝ている相方の睡眠を妨げないので重宝しています。

そんなlarkですが、ここ数日付けっぱなしで寝ているにも関わらず “Data shows less than 10 minutes of sleep. Not saved to history.” という表示が出て睡眠状態を保存してくれなくなっています(私のiPhoneは少しでも英語を覚えるために英語設定になっているので英語表示です)。とりあえずアラームは動作してくれるのでいいですが、折角なので睡眠状態のトラッキングもして欲しいものです。

20130113_Lark_Error

対策として、iPhoneとのBluetoothのペアリング解除 + 再ペアリングを行ったところ、再びトラッキングしてくれる様になりました。ペアリングの手順は以下の通り。

  • iPhoneのBluetooth設定からLARK-XXXXの登録を解除します
  • lark用の充電ドックに差すかUSBケーブルをつないでlarkのLEDが点灯状態になるのを待ちます
  • iPhoneの”設定”から”Bluetooth”を開きます
  • larkを充電ドックまたはUSBケーブルから外してLEDがオレンジ色に点滅します
  • iPhoneのデバイス一覧にLARK-XXXXと表示されるので選択すると”接続”となり、ペアリング完了です。

後は通常と同じ様に寝る前にアラームを設定して眠ればトラッキングしてくれます。並行輸入した製品は壊れたらどうしようもないので、この程度で済むとホッとしますね。

(1/28/2013 追記 Lark | ログインエラーでログが保存できない)

——–
When your lark shows “Data shows less than 10 minutes of sleep. Not saved to history.” in spite of you slept more than 10 minutes. It’s better to try re-pairing lark device on iPhone bluetooth settings.

——–
Reference : Paring; How do I pair the LARK with my iPhone/iPod/iPad? (support.lark.com)