OS X bash Update が出ています。

テクノロジー関係のサイトを賑わせているbashのセキュリティ脆弱性ですが、AppleもMac OS X向けの対処策を公開しました。Appleもこの問題は “ほとんどのMac OS Xユーザは安全” とのコメントを残していますが、塞ぐ事のできる穴を塞がない訳にはいきません。

OS X 10.9 Mavericks 用
http://support.apple.com/kb/DL1769?viewlocale=en_US&locale=en_US

OSX_bash

アップデートは bash なので script を使用するかと思っていましたが、pkg 形式のインストーラーで簡単にアップデートする事ができます。ターミナルを使わない方も早めのアップデートをオススメします。

OS X Mavericks 10.9.4 も来てますね。

iOS 7.1.2がリリースされましたが、OS X もアップデートされ 10.9.4 となりました。

OSX10.9.4

 

 

Wi-Fiへの自動接続に関する修正や、スリープ解除時の信頼性の向上、Safari 7.0.5へのアップデートなどが主な修正項目になっています。
アップデート時に再起動が必要なので、昼休みや仕事終わりのアップデートがオススメです。

About the OS X Mavericks v10.9.4 Update – support.apple.com
Apple セキュリティアップデート (Apple Security Update) – support.apple.com

 

OS X アップデート 10.9.3

OS X 10.9 Mavericks にアップデート 10.9.3 がリリースされています。

OSX10.9.3

一部モデル (Late 2013) のMacPro や MacBook Pro 15inch での4Kディスプレイのサポート追加や、iOSデバイスとOS X間のコンタクトやカレンダーのUSBでの同期などの機能追加や、不具合修正がメインのアップデート内容になっている様です。他にもセキュリティや安定向上などの修正もあるようで、10.9ユーザすべてに推奨されています。また、このアップデートでSafariのバージョンが7.0.3にあがります。

OSのアップデートなので、再起動が必要です。
MacBook Pro 15 (Mid 2012) でアップデートに10分程かかりました。時間のある時にアップデートをオススメします。

About the OS X Mavericks v10.9.3 update – support.apple.com

OS X アップデート 10.9.2 来てます。

先日 iOSのアップデートがあったばかりですが、Mac OS X 10.9 (Maveriks)にも10.9.2のアップデートが提供されました。

20140226_10.9.2

主な修正・アップデート内容はスクリーンショットの通りですが、FaceTimeやiMessageの機能追加や様々なセキュリティの修正がされています。iOS 7.0.6 アップデートで話題になったSSL接続時の問題への対応は表立って記載されていないので、別で修正されるのですかね?

(追記) 10.9.2でSSL bugも修正されたみたいです。

いずれにしても、セキュリティの修正がされているのと FaceTime Audio対応などの機能追加がされているので早めにアップデートすることをお勧めします。OSの再起動は必須です。また、アップデート後に使用できるようになるまで時間がそれなりにかかる (MBP15 Retina Mid 2012で10分前後)ので、タイミングにはご注意下さい。

Mac | Mavericksの動作確認中 (随時追記型)

MacBook Pro 15 Retina (Mid 2012) を Mac OS X 10.9 (Mavericks) にアップグレード・インストールしました。私の使用しているアプリでの動作状況などを少しずつメモしていこうと思います。

  • Adobe Acrobat X 10.1.8 : 問題なし
  • Alfred : 基本動作は問題なし (Unable to compile script ‘finder’ というエラーがたまにでる)
  • Chrome 30.0.1599.101 : 問題なし
  • Cisco AnyConnect : 3.1.04074 移行で対応。※ 3.1.03103 以前では接続が頻繁に切断されます
  • Delicious Library 2 ver.2.8.1 : ダメっぽい。起動したところ2回ともOSハング。
  • Disk Doctor 3.2 : 問題なし
  • Fuji Xerox DocuWorks Viewer Light 7.0.2 : 問題なし
  • Dropbox 2.5.25 : 問題なし
  • Evernote : 問題なし
  • Inky (Version AffableCephalopod): JavaScript Alertがでて使えない
  • Jedit X 2.37 : 今のところ問題なく使えています
  • LINE 3.2.0.63 : 問題なし
  • Mail.appetizer: 未対応(開発終了)
  • McAfree Virus Scan: 最新版であればOKとの情報
  • Microsoft Office 2008 for Mac : 起動できる事は確認
  • OmniFocus: 現在 Public Beta ですが OF2 は Mavericks 必須です
  • Rubbernet : 問題なし
  • Skitch : 対応済みのver2.7が公開中
  • Skype : 問題なし (6.9.60.517)
  • Sophos AntiVirus 8.0.18c : 問題なし
  • Sparrow Lite : 問題なし
  • TextExpander 3.4.2 : 問題なし。ただし、コンピュータの制御の許可が必要 (詳細はこちら)
  • Tweetbot for Mac Version 1.3.3 : 問題なし (一部問題があるらしい)
  • VirtualBox : 4.3でも問題あり
  • 1Password : 問題なし
  • Parallels Desktop 7 : そのままだとエラーあり。対応が必要。
    –  ”お使いの Mac で仮想化サポートが無効なため、仮想マシンの動作は遅くなる場合があります。” というエラー
    – KB Pallalels: http://kb.parallels.com/jp/111693
    – Parallels Desktop 5以降がMavericks対応だそうです (OS X 10.9 Mavericks 対応機種 – KB Parallels)
  • Canon PIXUS iP90 : 公式ドライバは10.7までですが、2014年の年賀状印刷できました
  • NTT docomo FOMA L-05A : 正式対応(10.9, 10.9.1)を確認
    Mountain Lion (10.9)対応のドライバ

(更新履歴)
12/2/2013: Cisco AnyConnect 3.1.04074 移行で対応済み
4/9/2014: L05A ドライバの対応をアップデート