Mac | Virex Kext: “Scanner is not responding”

ふとコンソール (Console.app)を覗いてみたら、Virex Kext: “Scanner is not responding” というメッセージで埋め尽くされていました。 3秒で33行、秒間11行が延々と数ヶ月出続けていたようです..

11/04/06 xx:xx:xx kernel Virex Kext: “Scanner is not responding”
11/04/06 xx:xx:xx kernel Virex Kext: “Scanner is not responding”
11/04/06 xx:xx:xx kernel Virex Kext: “Scanner is not responding”
11/04/06 xx:xx:xx kernel Virex Kext: “Scanner is not responding”
11/04/06 xx:xx:xx kernel Virex Kext: “Scanner is not responding”

McAfeeが怪しそうなのですが、ググっても回避策が見つからない。
問い合わせる時間もないので、またいつもの短絡的なMcAfeeの再インストールという方法に走ってみました。

Uninstallでメッセージはピタっと止まりました。McAfreeの再インストールから1時間経ちますが、同様のエラーも特に出力されていません。とりあえず、対応終了。

Environment (環境)

  • Machine : Mac Book Pro 13 inch / 2.53GHz Core 2 Duo / 4GB DIMM
  • OS : Mac OS 10.6.7
  • McAfee Security 9.0.0 Patch 1 (915)

Mac OS X 10.6.5 update = Mail.app 4.4 update

本日、早速 Mac OS X 10.6.5 へのアップデートを実行しました。
Mail.app を起動して気付いたのが Mail.app も4.4へアップデートされていて、
Plugin が使用できなくなっていました。使用しているもので利用できなくなったのは以下。

  • GrowlMail (不要なので放置)
  • Mail.appetizer (11/11にbuild 151がリリースされ対応)
  • MailTags (MailTags 2.5で対応。リリース済み)

バージョンアップが早いプラグインは非常に助かります。

20101111_mail4-4

Mac OS X 10.6 | HDL4をTime Machineに設定

“Mac OS X 10.6 + HDL4″での設定です。以降のバージョンでは動作しない可能性がありますのでご了承ください。

Time Machine には外付け Firewire HDD を使っていましたが、いちいち電源を
投入するのも面倒で、 気づけば Snow Leopard (10.6)にしてからバックアップの
ない状態で使っていました。

余計なものを机の上に置きたくないので、 NAS で使っている IO DATA の
HDL4 (2TB/RAID 5) に Time Machine を設定することにしました。
※もちろん Apple に正式サポートされた方法ではありません。

手順:

  1. Time Machine が有効になっている場合には Off にする
  2. 下記のコマンドをターミナルで実行して Time Machineのディスクチェックを
    無効にする (最初の $ は不要) 

    $ defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

  3. ディスクユーティリティ (/Applications/Utilities 以下にあります) を起動
  4. ファイル > 新規 > 空のディスクイメージ… をクリック
  5. バックアップ用のスパースイメージを作成
    – 名前: <hostname>_<en0のMac Addressから”:”を外した12文字>
    (ex. Mac15_001122334455)
    – 場所: 任意。デスクトップが楽かもしれません
    – 名前: 任意 (ex. TIMEMACHINE_IMG)
    – サイズ: ここではデフォルトの 100MB のままで OK
    – フォーマット: Mac OS X 拡張(ジャーナリング)
    – 暗号化: なし
    – パーティション: ハードディスク
    – イメージフォーマット: スパースバンドル・ディスクイメージ
  6. HDL4 をマウント
  7. 5.で作成したディスクイメージをマウントしたHDL4のトップにコピー
  8. 7. でコピーしたディスクイメージをダブルクリックしてマウント
  9. ディスクユーティリティの左側に今回マウントしたディスクイメージを確認し、
    “取り出し” をクリックしてアンマウント
    (5. で作ったコピー元のディスクイメージは消して構いません)
  10. バックアップがとれるサイズに変更するため、xxx.sparcebundle イメージを
    選択した状態で “イメージサイズを変更” をクリック
  11. バックアップ元のサイズから計算して x1.5 ~ x2.0 位の大きさのサイズを決めて、
    サイズを変更します。ここでイメージサイズ・パーティションの両方同時の
    変更がうまくいかないので、まずはイメージサイズを変更して、もう一度
    マウントしてからパーティションを切り直すことでうまく行きました
    (ex. 400GB)
  12. Time Machine の環境設定を開いて、”ディスクを選択” から HDL4 を選択

これで設定は完了。あとは、バックアップを実行するだけです。
DAS でも半日かかると言われていますが、 NAS 経由はそれ以上に時間がかかり
そうです。4時間で 54GB 位の進み具合です。

ただ、あまりデータを HDL4 に集中させるのも危険ですね。重要なファイルは
別にバックアップしておかねば..