Outlook 2016 for Macがディスク容量をバカ喰いしている..

業務で使っているMacBook (Early 2016/macOS 10.13.3)のディスク空き容量が極端に減ったのでチェックしたところ、Outlook 2016 for Macが150GB近く消費していました。動作が不安定なのでリカバリを試していたのが原因かもしれないが、10GBのOffice 365ストレージに対してこの容量はどう考えてもおかしい。リカバリもうまく動作しないので、AppCleanerでCleaningしたところ142.2GBも空き容量を増やす事ができました。Outlook2016_clean

業務上、Outlook 2016は使わざるを得ないので Office 2016 のインストーラーから Outlook 2016だけ個別にカスタムインストールする事ができるので、容量をバカ喰いしていると感じたらアンインストールして、再インストールするのが手っ取り早いです。ほとんどの設定はOffice 365側に残っているので。

※ メールボックスのリカバリを4回試しましたがいずれも成功しませんでした。

広告

iOSの標準キーボード(IME)で日本語変換ができない時の対処

相方のiPhone 5sですが iOS8 にしてから標準キーボード(IME)が落ちるというか、日本語変換ができなくなる問題が頻繁に出ていました。iOS8.0.2にしても変わらず、設定でキーボードのOFF/ONしてもダメでした。

効果があったのは、キーボードの変換学習のリセットです。

“設定” > “一般” > “リセット” > “キーボードの変換学習をリセット” > パスワード入力 > “辞書をリセット”

辞書のリセットを押した後は何か処理が走ったのか心配になるほど何も表示されませんが、ちゃんとリセットされています。学習された辞書の情報はクリアされてしまいますが、変換・日本語入力できなくなる問題は解消されます。
iOSの問題というよりも、IMEの変換辞書に関わる問題みたいですね。MacやPCでも同じ様な事があったような。

Drobo Miniディスク故障時の流れ

Drobo MiniのHDD故障が起きています。普段、AirMacにつないでNAS的な使い方をしていると、Drobo Dashboardに何も表示されないのでこういった故障に気付きにくいのですが、Time Machineバックアップが普段より時間がかかっていた気がしてLEDをみた所で故障に気付きました。LANDISKの様にブザーがなると分かりやすいと思うのですが、DAS (Direct Attached Storage)モデルなので仕方ないですかね。

20140525_drobo_01

 

 

 

 

 

 

 

今回はベイ2の使い回ししていた最後の200GB HDDが故障しました。

普及までの流れはこんな感じで、物理的な交換以外はリカバリに必要な手順はありません。状態を確認して終わるまで待つだけ。

  • LEDからHDD故障を確認
  • AirMac経由で接続されたDroboのボリュームをunmountしてAirMacにつないでいるUSBケーブルを外す (確認のため)
  • FirewireケーブルでMacと接続 (確認のため)
  • Drobo Dashboardで状態を確認 (確認のため)
  • 故障ディスクを取り外す (他の操作は必要なし)
  • Drobo Dashboardがベイ2のディスクが抜かれた事を検知
  • 新しいディスクを挿入 (他の操作は必要なし)
  • Drobo Dashboardがベイ2に新しいディスクが挿入された事を検知
  • 暫くするとデータ保護が自動的に開始される
  • データ保護が終わるまで待つ

リカバリ中もTime Machineバックアップなどが動いていても大丈夫です。もちろん、何もI/O処理が動いていない方がリカバリも早いと思われます。

AppleTVが認識されない時の対処

AppleTVが突然ホームシェアリングの他の機器から認識されなくなりました。

 

事象としてはこんな感じで、色々とやってみましたがいっこうに解決する気配なし。

  • Mac OSやiOSにAirPlayディスプレイ(AppleTV)が表示されない
  • AppleTV上でYouTubeなどの動画閲覧可
  • Mac OS上のiTunesでホームシェアリングの再設定
  • AppleTVを初期設定〜設定しなおしても変わらない
  • Mac/iOSの再起動しても変化なし

みたところはiTunesや各デバイスではなくて、ホームシェアリングの問題かとも思いましたが、そんな情報もなし。我が家のネットワークはAirMac Extremeを使っているので関係ないとは思いますが、AirMac Extremeを再起動してみたところ何とすべてがうまくいく様になりました

腑に落ちないですが、うまく行けばすべてOKという事で、次から同じ様な事になったらルータの再起動をしてみる事にしてみます。

Twitterのパスワードをスマホからリセットする方法。

最近、Twitterアカウントの乗っ取りが流行っているようで、身近な知人も今日被害にあいました。今のところは、よくわからないDMをフォロワーに送る位で済んでいるようですが気分が悪いですね。

怪しいと思ったので本人にFacebookなど別の方法で通知したら、本人は気づいていなかった上、あいにく出張中でPCがない環境という事でスマホでTwitterのパスワードをリセットする方法を探しました。

  1. ブラウザ (SafariやChromeなど)で mobile.twitter.com にアクセス
  2. ログインしていたら、一度ログアウトしてください
  3. 「ようこそ(英語: Hello, Welcome to Twitter)」というページが出て来たら
    「ログイン (英語だと Sign in)」をクリック
  4. 「パスワードをお忘れですか?」(英語だと “Forget password?”) をクリック
  5. IDかパスワードを入力すると、登録されたメールアドレスにパスワードリセット用の
    メールが飛ぶので内容に従って変更

以上です。
(ちなみに、既にメールアドレスが変更されてしまっている場合にはアウトです)
乗っ取りなどを防ぐために、二段階認証などを利用する事をオススメします。

https://support.twitter.com/articles/20170888-twitter-for-iphone

Mac | Cisco AnyConnect が異常終了を繰り返す (解決済み)

いつからか仕事用のMacBook Air 11でCisco AnyConnect が接続時に異常終了する問題が毎回起きていました(過去形)。特にきっかけになる事象が思い当たらないのですが、解決したので備忘録としてメモしておきます。

<< 事象 >>

  • OS X 10.8.4 / MacBook Air 11 (Mid-2012)
  • AnyConnectは自体は普通に起動してくる
  • VPN接続をしようとID & Passwordを入力した直後にクラッシュ
  • AnyConnectを再インストールしても変化なし
  • ディスクのアクセス権修復を行っても変化なし

<< 対処法 >>

  • 一度 AnyConnect をアンインストール (/Applications/Cisco の下に uninstall プログラムがあります)
  • /Users/xxxxx (ユーザ名)/Library/Preferences の下にある以下のファイルを削除

    com.cisco.Cisco-AnyConnect-Secure-Mobility-Client.plist
    com.cisco.uninstaller.plist

  • 念のため、OS再起動をしてディスクのアクセス権を修復
  • AnyConnect をインストール

どこが悪かったのか分かりませんが使えれば問題ないので良しととします。

Mac | Firefox “セキュリティコンポーネントを初期化..”

firefox_error

理由は分からないのですが、Firefoxを起動する際に “セキュリティコンポーネントを初期化できませんでした。” から始まるエラーが出力されてFirefoxが使えなくなってしまいました。”アプリケーションを一度終了して..”とありますが、終了しても事象に変化はないので、仕方なくプロファイルを削除する事で起動できるようになりました。もちろんBookmarkなどのバックアップがなければすべて初期化されてしまいますが仕方ない..

  1. ターミナル.app (Terminal.app)を起動
  2. コマンドで以下を実行 (先頭の % はプロンプトなので入力は不要です)

    % cd /Users/<username>/Library/Application Support
    % rm -r Firefox

  3. Firefoxを起動 (+ターミナル.app を終了)

各種設定やブックマークは初期化されてしまうので、バックアップがあればここで戻してあげてください。なければ一からこつこつと復元していきましょう。これを機にFirefoxのバックアップもとろうと思います。

 

2013/4/16 追記.

別の方法でFirefoxをリセットする事で、Bookmarkなどが残ったまま回避する事ができました。使い続けた印象では、新しい方法の方が再発せずに使い続けられている印象です。Bookmarkが残る保証はありませんのでご注意下さい。

    1. ターミナル.app (Terminal.app)を起動
    2. コマンドで以下を実行 (先頭の % は省いて入力して下さい)

      % cd /Applications/Firefox.app/Contents/MacOS
      % ./firefox-bin -safe-mode

    3. 次の様なウィンドウが出てくるので”Firefoxをリセット”をクリックすると、デスクトップに”Old Firefox Data”とうディレクトリがバックアップされて、Firefoxがリセットされます。私の環境では、Bookmarkは残っていました。
      20130416_Firefox_Safemode