B&O Beoplay E8 の感想 (使用4日目)

Bang & Olufsenから2017年11月22日に発売される完全ワイヤレスイヤホン、Beoplay E8を直営店の先行販売で入手したので使い始めて4日目の感想を。かれこれ左右独立型のBluetoothイヤホンは Earin (初代)、Erato Appolo7、Apple AirPods からの4台目になります。音質を重視するケーブルタイプのイヤホンは別で使用していますが、外出時の音楽鑑賞はケーブルに邪魔される事がないのでほとんどワイヤレスイヤホンで楽しむ様になりました。主な使用シーンは首都圏での電車通勤と徒歩でiPhone XとペアリングしてApple Lossless音源の音楽鑑賞です。

B&O E8

良い点

  • 音質の広がりは他と比較して印象よい
  • イヤホン自体の質感が良い
  • イヤーピースが交換できるので同梱されているComplyを含めて好きなイヤーピースの取り付けができる。いまは手元にあったComply Tx-300をつけています
  • ケースの大きさがコンパクトで持ち歩きしやすく、高級感がある
  • Beoplay.appでイコライザーの設定が可能。いくつかプリセットもある
  • Transparency Modeと呼ばれる、イヤホンをつけたまま外部の音をマイクから取り込む事で周囲の音や会話を聞く事ができるモードがある。取り込み具合の調整も可能
  • Complyチップとの組み合わせで使用中にイヤホンが脱落する事は今のところありません

いまいちな点

  • 特にAirPodsと比較して音の途切れが多い。EarinやEratoよりも多い印象
  • 音途切れが起きた際にイコライザーがオフになる事がある
  • 表面をタッチして操作するタッチコントロールですがふと触れた時の意図しない操作が発生
  • ケースからのイヤホンの取り出し、収納が片手では難しい
  • 他製品と比較すると価格が高い

ちなみに、保証期間内(2年)の修理やバッテリー交換は片側ずつの交換になるようです。

高級感ある本体や広がりのある音質に満足している一方、Bluetoothイヤホンの宿命とも言うべき、音途切れが今の所目立ってしまっています。ファームウェアアップデートなどで今後修正されていく事を期待しながら使い続けていこうと思います。

iOS版BeoPlay.App
beoplay_app

イコライザーの調整
beoplay_tonetouch

イコライザーのプリセット
beoplay_presets

周囲の音を取り込むTransparency Mode
beoplay_transparency

広告

How to factory reset Withings Thermo

BluetoothでiOSやAndroid端末に体温を送る事ができるWithings Thermoを輸入してつかっています。まだ使いきれていない部分がありますが、マニュアルに載っていない初期化(Factory reset)する方法を見つけたのでメモしておきます。

Thermoのボタンを押し続けてSettingと表示されたら、6回ボタンを押すと初期化されます。スマートフォンとのペアリングも解除されます。おかしいなと思ったらお試しを。

NIKE+ Fualband SEが2日連続電池切れ..

まだ2日連続なので様子見の状態ですが、NIKE+ Fuelband SEのバッテリーが一昨日・昨日と空になってしまいました。今までは数日使えていたので、一時的な問題なのか否かの判断は難しいところです。最近は頻繁にアプリでの確認もしていません。

Bluetoothがつながりっぱなしになったりしているとか? 仕事中に充電して、もう2日ほど様子をみてダメな様であれば、ナイキさんに相談してみようかと。

(追記) 充電後、常にiPhoneにつながっている状態です。アプリのアップデート後から良く更新されるとは思っていましたが、これが正しい動作なのかも。Bluetooth 4.0で省電力だし。

(追記2.) 満充電から36時間ほど経過。今日はまだバッテリー残量が半分以上ある。慢性的な問題ではなさそう。

(追記3.) 先ほどFuelbandをMacにつないだところ、ファームウェアアップデートの通知がきました。A0.44.2272a というバージョンですが、詳細は書かれていません。良くなる事を期待してインストールしました。

Fuelband_SE_A0.44.2272a

Livescribe 3 smartpen が欲しい!

明日発売のiPad Airも楽しみですが、それ以上に欲しい熱がでてくるモノが出てきました。
Livescribe 3 smartpen です。今までも Livescribe Sky Wifiというペンを愛用していましたが、Livescribe 3 はまさに私の理想的なペンとなってでてきました。

見たことがないとどんな品なのかピンと来ないと思いますが、ペンと専用ノートを使う事で音声とノートが同時にデジタル化されます。それだけであればありきたりなのですが、例えばこのキーワードをメモした時にはどんな話をしていたのだろう? と思った時に、その部分をタッチするとそのキーワードを書いた時点の録音音声がプレイバックされます。まさに議事録にうってつけで、かなり重宝しています。

今回の 3 は見かけもより高級ペンに近づいてきた上、BluetoothでiPadやiPhoneと同期できるようになりました。残念ながら現時点では日本への出荷はされておらず、Amazon.com などでもアメリカ国内のみ送付になっています。アメリカにいる親戚か友人にお願いしてしまおうか..

SBH52をiPhoneで使う際の動作メモ。

Sony SBH52をiPhoneで使う際の動作をいくつか試してみました。ファームウェアやアプリ側のバージョンで変わってくると思うので、あくまで現段階での動作の参考情報としてご覧下さい。(iPhone 5/iOS7.0.2, SBH52: 2.3.A.0.9)

  • 音楽
    • 普通のBluetoothレシーバーと同じ様に動作
    • Music, UBiO, Track 8, radiko.jp など音楽がなるアプリは一通りOK
  • 電話
    • 着信音: 鳴らない
    • 着信表示: 電話帳に登録された名前(ローマ字) + 電話番号
    • 通話: OK
    • 受話・終話操作はSHB52でOK
  • LINE
    • 着信音: 鳴る
    • 着信表示: “My Number” との表示
    • 通話: OK
  • FaceTimeオーディオ
    • 着信音: 鳴らない
    • 着信表示: 着信マークのみ
    • 通話: OK
  • Skype
    • 着信音: 鳴る(音大きめ)
    • 着信表示: なし
    • 通話: OK
    • 受話・終話はiPhone側で操作する必要あり
  • AGEphone (ひかり電話の用アプリ)
    • 無反応。アプリ自体がBluetooth非対応!?
  • SMARTalk (Fusion IP-Phone 用アプリ)
    • 無反応。”Support Bluetooth”をONに設定しても無反応

今までのSBH52に関する投稿

Xperia Z Ultraではnasne ACCESSが使えないらしい

image

nasneにアクセスするアプリ “nasne ACCESS”がソニーからリリースされたのですが、2013/10/11現在では海外版のXperia Z Ultraではインストールすらできません。海外版はDTCP-IPに対応していないからなのかなのでしょうかね。

Your device isn’t compatible with this version

今まで通り、TwonkyBeamでnasneを楽しむしかなさそうです。

 

Xperia Z Ultra に関する過去の記事はこちらからご覧下さい。

Sony SBH52 version 2.3.A.0.9

SONY Stereo Bluetooth Headset SB52 のファームウェアがリリースされました。今回のアップデートではHD Voiceがサポートされるそうです。

USBで充電しながらアップデートが必要です。今後もファームウェアで新たな機能が追加・改善されるといいですね。頼みますよ、SONYさん。

image

SBH52に関するその他の投稿はこちら。