Drobo mini ファームウェア 3.5.5

drobo_mini_3.5.5

Drobo miniのファームウェア 3.5.5 が2018年2月にリリースされていました。リリースノートはこちら。リリースノートに記載されているのはMacとの接続でボリュームの切断に関する問題を改善とあります。

Fixes in 3.5.5

  • Improvements in volume disconnect issues seen with Mac host over USB

普段、Macと直接USBで接続しないので問題に心当たりはありませんがとりあえず更新。

更新が進むとDroboを再起動するか?と聞かれるので選択すると、再起動後にアップデートされたバージョンで起動してきます。簡単。

合わせて2018年5月に更新されたDrobo Dashboard v3.2.1の更新も促されました(リリースノート)。こちらはmacOS側の再起動が要求されるのでそこだけ注意。

Drobo miniを購入してもうすぐ5年。当初は古いHDDを使っていたのでHDD故障は何度か経験しましたが、再構築も問題なし、Drobo mini本体の故障もなくいまだにファームウェアもリリースしてくれていて感謝です。

MacBook Proを2012年の初代Retinaモデルから2018年モデル(13インチ)に買い換えたので、USB2.0もThunderboltでもDroboと繋げなくなってしまったのが悩ましいところです。

広告

Drobo Miniディスク故障時の流れ

Drobo MiniのHDD故障が起きています。普段、AirMacにつないでNAS的な使い方をしていると、Drobo Dashboardに何も表示されないのでこういった故障に気付きにくいのですが、Time Machineバックアップが普段より時間がかかっていた気がしてLEDをみた所で故障に気付きました。LANDISKの様にブザーがなると分かりやすいと思うのですが、DAS (Direct Attached Storage)モデルなので仕方ないですかね。

20140525_drobo_01

 

 

 

 

 

 

 

今回はベイ2の使い回ししていた最後の200GB HDDが故障しました。

普及までの流れはこんな感じで、物理的な交換以外はリカバリに必要な手順はありません。状態を確認して終わるまで待つだけ。

  • LEDからHDD故障を確認
  • AirMac経由で接続されたDroboのボリュームをunmountしてAirMacにつないでいるUSBケーブルを外す (確認のため)
  • FirewireケーブルでMacと接続 (確認のため)
  • Drobo Dashboardで状態を確認 (確認のため)
  • 故障ディスクを取り外す (他の操作は必要なし)
  • Drobo Dashboardがベイ2のディスクが抜かれた事を検知
  • 新しいディスクを挿入 (他の操作は必要なし)
  • Drobo Dashboardがベイ2に新しいディスクが挿入された事を検知
  • 暫くするとデータ保護が自動的に開始される
  • データ保護が終わるまで待つ

リカバリ中もTime Machineバックアップなどが動いていても大丈夫です。もちろん、何もI/O処理が動いていない方がリカバリも早いと思われます。

AirMac Extreme + Drobo Mini。

まだ移行作業中ですが、Drobo MiniAirMac ExtremeのUSBポートにつないでNAS化しています。はじめからDrobo 5Nを買えばいいというコメントも予想されますが、大きなデータのコピーなどはThunderboltで接続して一気にコピーしたいという考えもあって、あえてDrobo Miniを購入しています。

Drobo MiniをしばらくDAS(Direct Attached Storage)として使っていたのですが、その状態でAirMac ExtremeのUSBポートに接続しても保存されているはずのデータが見当たりませんでした。Googleで検索していると、どうやら一回Macのディスクユーティリティでフォーマットしてあげる必要がありそうという事で、一度別のHDDにすべてデータをバックアップしてからHFS+でフォーマットし直しました。(一日がかり..)

Droboのボリュームをディスクユーティリティでフォーマットしてからは、AirMac ExtremeにUSBで接続しても、MacBook ProにThunderboltで接続しても同じデータを読み書きできる様になりました。

肝心のパフォーマンスですが、READ 25.4 MB/s、WRITE 14.1 MB/sほどでした。
[Drobo Mini — AirMac Extreme(ac) — USB —  WiFi — MacBook Pro 15 Mid 2012]

DiskSpeedTest

これから一晩かけてデータを戻して、Time Machineを設定しなおします。
余談ですが、AirMac Extreme は日本国外ではAirPort Extremeという名称なんですね。通りで検索に引っかかりにくいはずです。

Drobo Mini、早速HDD故障が発生中。

先週導入したDrobo Miniですが、早速HDD故障が発生しました。費用をケチった訳ではなく有効活用目的で 2つのドライブベイに1TB HDDを、残りのベイには以前から使っていたHDD(250GB, 320GB)を入れて使っていましたが、その古い320GBのHDDが壊れました。

保存領域が圧迫された状態でDroboのシステム情報では”危険”と表示されています。もちろんBeyondRAIDによるデータ保護が有効なのでMacからのアクセスには一切影響はありません。Duplicate Annihilator for Apertureで重複した写真の検索・削除をしていたのですが、全く気がつきませんでした。

画像

これから1TBのスペアを一本用意してあるので交換して、スペア用にもう一本Amazonにオーダーします。再構築が終わるまでは作業中の処理は続けるとして、Time Machineは止めて念の為負荷を下げようかと思います。
ちなみに、1本欠けた状態の 1TB + 1TB + 200GB の時のボリュームサイズは1.06TBです。

復旧ですが、予想外(ある意味予想の範囲内ですが)の事態が発生しました。壊れたHDDを新しい1TB HDDに交換したものの認識されず、差し直しても変化なしでした。データ保護のプロセスが停止した事を確認した上で、Drobo Miniを再起動したところ正常にHDDを認識してくれました。ちょっとドキドキしました。

20131215_Drobo_Mini_recover

上の画面が再起動後のDrobo Dashboardです。データ保護進行中なので稼働状態は”警告”になっていますが、ドライブもちゃんと認識されてデータボリュームも2TBほどに戻ってくれました。(1TB + 1TB + 200GB + 1TB = 1.93TB)

 

Drobo Mini 導入

新しいストレージ、Drobo (ドロボ) Miniが我が家にやってきました。Drobo Miniは2.5インチのハードディスク(HDD) スロットを搭載、Beyond RAIDテクノロジーという技術を用いてディスク故障が発生した場合でもデータを守ってくれるディスクケースです。

私の要件はこんな感じな上に、常時稼働ではなくバックアップがメインです。また、NAS的な使い方をしたいときはAirMac ExtremeのUSBポートにつなげば使えるので、ほぼほぼDrobo Miniで事足りる事が分かりました。

  • Mac OSからのアクセスがほとんどなのでThunderboltでつなぎたい (2ポート搭載)
  • ごくたまにWindowsも使うのでUSBポートもあればベター (1ポート搭載)
  • あまり大きくないものがいい (188mm x 45mm x 180mmと小さい)
  • 拡張性がある方が良い (容量に応じて大きなディスク追加が可能)
  • 音が静か (カタログ上、Drobo 5Dが31.8dBに対してDrobo Miniは13.9dB)
  • 何本か余っているHDDを使えたら使いたい (使用可能)

20131207_drobo

とりあえずで構築していて、1 TB HDDを2本と、128 GB mSATA SSDを搭載して家中のHDDのデータを吸い込みを始めていますが快適です。データが吸い込み終わった2.5インチHDDも空きスロットに入れて有効利用するつもりです。

早々にデータ移行を始めてしまったのでmSATA SSDを追加してからの転送速度の計測はできていませんが、フルにディスクを入れておかないとパフォーマンスが出ない状態で112.7MB/sでした (Blackmagic Disk Speed Test)。ちなみに、今までバックアップ用途で使っていたHDL4 (NAS)の速度を測ってみたところ、良くて3.7MB/sしか出ていませんでした。

Drobo_mini_2TB_no_mSATA