MINI Connected & Spotifyの組み合わせ

2016年10月、日本でもようやくSpotifyがスタートしました。以前からMINI Connectedの対応アプリケーションとしてSpotifyがリストされていたものが、ようやく使えるようになりました。

下の写真はMINI F55にiPhoneをLightningケーブルでつないでSpotifyを表示したところ。iPhoneのスクリーンからではなく、MINIのコンソールからSpotifyのサービスにアクセスして曲やプレイリストを選択することができます。逆にiPhone/iPadからSpotifyの操作をすることができなくなります。

img_1638

下のスクリーンショットがMINIに接続中のiPhone/Spotifyの画面 (英語設定)。iPhone側からはSpotifyの操作はできません。
img_1636

[確認できたこと]

  • 再生されている曲のアーティスト、曲名、ジャケットが表示
  • プレイリストの選択ができる
  • MINIの画面上から流れている曲のMy Musicへの追加ができる
  • MINI Connectedに関する他のアプリとの同時使用ができない。
    例えば走行状況をモニタするMINI Streetwiseなども並行利用できませんでした。

フリープランでもラジオと似たような感覚でプレイリストを流すことができました。もちろんプレミアムに加入していると、iPhoneに保存したプレイリストを流すことができるのでデータ通信量を気にせずに音楽を楽しむことができます。
Apple MusicならStreetwiseと併用できるんじゃないか!?という疑問が浮かんで来たので、そのうち試してみようと思います。

iPad & Car Audio (ALPINE CDA-9857Ji)

iPad (Wifi/64GB)をALPINE のカーオーディオ CDA-9857Ji に接続してみた。
アダプタをかませて Dock 経由で iPhone 3GS を充電しながら使用する事が
できている実績のあるオーディオなので、そのまま使えると思ってました。

結果、”This accessory is not supported by iPad.”となり、Dockを接続した状態でも
iPad のスピーカーから音楽が流れるに留まりました。(充電はされている様子)
試しに充電用のアダプタを外すと充電すらできない状態に..

かれこれ4年前のオーディオなので他機種はどうなのか何とも言えませんが、
Dock 経由のカーオーディオは NG な可能性ありです。

当たり前だが、Screen Shot がでかい..

2009 stats on my Mini Cooper 1.3i

2009年の走行記録をメモ。
東京〜広島ドライブや北海道ドライブの影響で燃費は比較的良い数字。

  • Average km/L : 13.9km/L
  • Maximum km/L : 19.07km/L
  • Minimum km/L : 10.34km/L
  • Total costs : 104122 yen
  • Total kilometers : 11426.2km
  • Total Liters : 822.30 L
  • Total fill ups : 43
  • 〜131,112.9km

さて、今年はどの位走れるかな。

Trapster 3.0.1

iPhone OS 3.0 になってからなのか分かりませんが、交通取り締まりやオービス対策
アプリの Trapster が 3.0.1 になって更に機能アップしていました。(@07/09/2009)

Trap が近づいてくると、Screenshot のようにポップアップする上、他の人が
登録した Trap であれば簡単に評価 (vote) することができます。

これは前からかもしれませんが、首都高などのジャンクションが見やすくも
なっていて、これはレーダー探知機のないクルマに乗ったときにも重宝しそうです。

その他、3.0.1 で Push Notification にも対応しているそうです。(blog.trapster.com)

ポップアップの場所によって現在地が見難くなったり、 コンパスを使ったヘッドアップ
もまだ使えませんが、アップデートに期待したいですね。

see also Trapster on iPhone – posted on 3/29/2009

国道357号線のオービス

愛車の電装系不調という事もあり久しぶりに千葉まで一般道を走りましたが、国道357号線のオービス事情が変わっていました。

  1. まだ調整中の文字がありますが、下り線の東雲交差点直前にオービスらしきモノが..
  2. 下り線の行徳警察署近辺にあった、Hシステムがなくなっていたような気がします
  3. 下り線の湾岸習志野IC手前にもいつの間にかオービスが設置されていました

特に飛ばすタイプではないのですが、流れに乗っていつの間にか撮影されていたなんて事だけは避けたいところです。

Trapster on iPhone

最近、いちばんいじっている iPhone アプリは “Trapster” かもしれないです。GPS とGoogle Map を連携させて交通取り締まりやオービス情報を表示・警告してくれるものです。

trapster

Trapster とは?

iPhone に限らず、PC や Symbian、BlackBerry でも使うことができる、情報交換のためのツールです。何の情報交換かというと、交通違反を取り締まるオービスや取り締まりの情報で、例えばこんな情報。

  • Fixed Speed Camera : いわゆるオービス
  • Mobile Speed Camera  : 移動オービス
  • Red Light Camera : 赤信号無視を撮影するカメラ!?
  • Police check point & road block : ねずみ取りや検問!?
  • Live Police : 今現在警官が見張っているという情報

Google Map 上に登録され、iPhone で表示させて走っていていずれかのポイントが近づいてくると、画面表示の他にも音声やバイブで教えてくれる代物。悪意のないうっかりしたスピードオーバーでの罰金 & 減点を防いでくれる(はず..)。

元々は、何の情報も登録されていないので、参加しているユーザが見つけた or 知っている情報を登録していく。おまけに情報の信頼性をあげるために、他者が登録したポイントを評価する事ができます。


使い方

まずは http://www.trapster.com/ でユーザ登録をしておく必要があります。その後は iPhone 版の Trapster をインストールして、ログインするだけ。最初の段階ではマイル表示なのでキロ表示に変更したり、各ポイントの通知方法(バイブや音声の組み合わせ)を登録するだけ。

Trapster を表示しておけば、iPhone は自動スリープはしない(はず..)です。運転中は操作や凝視をしなくても、ポイントが近づいてくるとアプリが音声等で教えてくれます。

下記の Screenshot は、ポイントが近づいた例。数秒に一度ポイントが拡大してクルクル回ってくれます。設定によって音声とバイブが鳴って教えてくれます。
(左はオービスレーダ、右は警官が潜んでいるという情報)

trapster01trapster02
iPhone でもポイント登録ができますが GPS の精度が完璧ではないので、後日 PC から微調整をするようにして精度をあげています。ブラウザ上でポイントをクリックすると、Google Street View が表示されるので、精度をあげたポイントの登録にも便利です。

see also

iPhone アプリ “Top 100s by year” をドライブで。

“Top 100s by year” という iPhone App を愛用しています。1950年から2008年までのビルボードチャートの年間トップ100曲をランダムに再生してくれるアプリです。あくまでランダム再生なのでリストも参照できないし、好きな曲も選べません。ただ、各年のヒット曲を一つのアプリで聴くことが出来るメリットは洋楽好きであれば感じるはず。

Top 100s by year

そんなアプリで、今になって初めて気づいた機能!?がありました。iPod/iPhone に対応したカーオーディオから、Dock Connector 経由で “Top 100s by year” の音が流れていました。(当たり前ですかね!?) てっきり、Dock Connector からは iPod の音しか聞こえないと勘違いしていましたが、思い出してみると突然着信音に設定している Bitter Sweet Samba が流れた事もありました。。

もうひとつのメリットは、iPhone の画面で曲を確認することができたり、曲を進めたりすることができること。iPod の機能はカーオーディオに依存せざるをえませんが、このアプリの場合は iPhone で操作できました。

ビットレートがそんなに高くないので音質も良くなく、パケットを食い続けるのが難点ですが、ドライブのお供としては悪くないのでは!? と感じました。