Office 2016 for Mac でAutosaved(自動回復) のファイルが毎回開く

環境: macOS High Sierra 10.13.6 / Microsoft Office 2016 for Mac / PowerPoint for Mac 16.16

PowerPoint を起動するたびに、自動回復(Autosaved)されたファイルが表示されるようになっていました。原因はどこかのタイミングでmacOSを異常終了させた時にあると思いますが、顧客訪問中などに関係のないファイルが開かれるのは嫌なので対処したメモ。

今回の毎回開かれるファイルは以下に残っている事を確認し、同ディレクトリ内の不要なファイルを削除する事で対処完了。

/Users/<user name>/Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

こちらはFinder、ターミナルどちらでも対処可能。

広告