Evernoteで二段階認証はじまってます。

様々なアカウント乗っ取りが問題となる世の中ですが、人によっては大切な情報を記録しているEvernoteにも二段階認証(Two-Step Verification)が導入されました。Twitterの様に日本は後でねという様な事もなく、誰でも利用できるようになっています。

  • 登録時にはSMS (Text Message/Short Mail/C Mail)を受信する事ができる携帯電話が必要です
  • iOSやAndroidなどのGoogle Authenticatorを使用する事ができます
  • SMSなどでのコード配信も可能

ブラウザでログインして、”ACCOUNT SETTING” > “SECURITY” と進むと、Two-Step Verification (二段階認証)という項目ができています。ここで “Enable” にしてあげる事で二段階認証の設定がはじまります。

手順が長いのでスクリーンショットでご紹介します。

1. まずは設定前の “Account Setting” > “Security” の表示。

Evernote_2step_verification

2. 二段階認証についての簡単な紹介と対象アプリについての説明があります。Evernote_2step_verification_2

3. 二段階認証を設定するとSMSやAuthenticator.appのコードが必要ですよ! との案内です。

Evernote_2step_verification_3

4. “Send Verification Email” をクリックするとメールアドレスの確認に進みます。

Evernote_2step_verification_4

5. 登録されているメールアドレスに、Evernote から6桁の確認コードが送られてきます。

Evernote_2step_verification_5

6. 確認コードをブラウザの “Confirmation Code” に入力して “Continue” をクリック。

Evernote_2step_verification_6

7. ログインしなおします。(もしかするとここはないかもしれません)

Evernote_2step_verification_7

8. SMS (Text Message)を送る携帯電話の番号を入力します。
ここは090-xxxx-xxxxでも90-xxxx-xxxでもどちらでもOKです。
入力して “Continue” をクリックすると数秒で入力した電話に “Your Evernote verification code is: xxxxx” というメッセージが届きます。

Evernote_2step_verification_8

9. 送られた Verification Code をブラウザに入力します。

Evernote_2step_verification_9

10. (オプション) Google Authenticator の使用の設定に移ります。毎度SMSでコードを受信したり、コードを探すよりも楽なのでiOSのAuthenticatorを選択しました。”Continue with iOS” をクリック。

Evernote_2step_verification_10

11. バーコードが表示されるので、iOSのGoogle Authenticatorの鉛筆マーク > + > Scan Barcode を押してQRコードをクリックします。そこで表示されたEvernote用の6桁のコードをブラウザに入力する事で、AuthenticatorへのEvernoteの登録が完了します。

Evernote_2step_verification_11

12. バックアップコードが表示されます。このバックアップコードは、Authenticatorが使えない場合などに利用するコードです。このコードはEvernoteには入れない方が良いです。

Evernote_2step_verification_12

13. 次回以降のログインでEvernoteの二段階認証の対象となるアプリが表示されます。(自分で連携しているアプリが対象です)

Evernote_2step_verification_13

14. 以上で二段階認証の設定が完了です。お疲れ様でした!

Evernote_2step_verification_14

OS X v10.8.5 追加アップデート 1.0 きてます。

OSX10.8.5.1

Mac OS X 10.8.5 追加アップデート 1.0 が公開されています。アップデート時には再起動が必要な上に、あまり広範囲な影響ではないのでゆっくりアップデートしても問題ないかと。公開されている修正ポイントは以下の通り。

  • MacBook Air (Mid 2013) システムで、一部のアプリケーションから FaceTime HD カメラを使用できない問題を修正
  • コピュータのスリープ時に外部ドライブが自動的に取り出される問題を修正
  • スリープからの復帰時に HDMI オーディオが作動しなくなる問題を修正
  • 一部の USB Bluetooth アダプタが動作しない問題を修正

私はいずれの問題も遭遇した事はありませんが、とりあえずアップデートしておきました。
動作の不具合ではないのですが、アップデート後に Finder 上に従来非表示ファイルだった mach_kernel が表示されてしまうという事象がアップル・サポート・コミュニティで報告されています。見えるだけでは問題ありませんが、削除などは絶対にしないようにしましょう。

OS X 10.8.5 追加アップデート、iTunes 11.1.1 アップデート後 mach_kernel が出現! – Apple サポートコミュニティ