Xperia Z Ultra 新しいバージョン?

Xperia Z UltraをSony Bridge for Macにつないだところ、”Xperiaソフトウェアの更新があります”と表示されました。最新にしたはずだけど、何かアップデートされたのか期待しましたが、バージョンは更新前も更新後も14.1.B.1.532。

画像

何らかのアップデートを期待して、アップデートをかけてみましたが結局何も変わらず。Sony Bridge for Mac のバグっぽいので、これから更新を検討している人は無視して良さそうです。

※ Sony Bridge for Mac 3.5(3503)ですが、使っているMacによってはXperiaソフトウェアの更新が動作しないものがありました..

 

Xperia Z Ultra に関する過去の記事はこちらからご覧下さい。

iPhone 5/iOS7 Home Screen (2013/9/22)

20130923-123702.jpg

iOS7にアップデートして5日くらい経った今日のホーム画面です。iOS7にあわせたフラットデザインなアイコンも増えて来ましたが、まだまだ一部です。

  • Pocket Informant 3 : スケジュール管理
  • Chrome : Webブラウザ
  • Photos : 標準写真管理アプリ
  • Groups : かなり以前から使っているアドレス帳ですが、一年近くアップデートもなくフラットデザインになる望みも薄いです。そろそろ飽きて来たのでCobookあたりを検討中。
  • Lifelog : Due / Fitbit / LARK / Withings / Day One / Moneytree など
  • Google Maps : 地図アプリ。そろそろアップルのMapsへ戻っても良いかな。
  • Weathernews : 天気アプリ。
  • UBiO : 音楽イコライザーアプリ。
  • Camera : カメラ関連アプリの中で利用頻度の高いアプリたちです。標準Camera, Instagram, Blux Pro, Camera+ など。
  • Reeder : RSSリーダー。iOS7完全対応のReeder 2がリリースされていますが迷い中です。iPhone/iPad/Mac版と全部買っていたんですけどね..
  • Flipboard : ソーシャルマガジン。flickrの写真を雑誌感覚でみています。
  • iCompta 2 : 高機能なお小遣い帳。フラットデザインに対応したiCompta 3がリリースされているのですが、まだバグっぽい動きがあるので古いバージョンを使っています。
  • OmniFocus 2 : タスクマネージャ。iOS7化を機に2にしました。
  • Facebook : SNS。最近はスパムアカウントのブロックばかりしている気がします。
  • Evernote : Evernoteクライアント。
  • Foursquare : Check-Inアプリ。最近は検索も使いやすくなってきました。
  • Tweetbot : Twitter クライアント。ミュートや既読情報などをデバイス間で同期できるので重宝してます。
  • 1Password : パスワード管理。iPhone 3Gの頃からの必携アプリ。これなしではいられません。
  • ATOK Pad : ATOKを使えるメモ帳。使用頻度が落ち気味です。
  • Lift : SNSの要素をもったTo Doリスト。世界中の人たちの習慣づけを応援する事ができます
  • Phone : 標準、電話アプリ
  • Message : メール / Messages / LINE / Gmail / Mailbox / FaceTime / IM+ Pro など
  • Launch Center Pro : ランチャーとして使用。

Sony Bridge for MacでXperiaをアップデートできる!

Mac OS上でXperiaのソフトウェアアップデートやデータの同期を行うSony Bridge for Macですが、Xperiaをアップデートするには8月にこちらに書いた通りJava 6が必須でした。Version 3.5 (3503)あたりから、Java 7の環境でもアップデートできるようになっていました。ただ、Windows版よりも手順が多いです。まぁ、Parallels Desktopを起動しなくて良いので遥かに楽で良いです。

実際の手順 & スクリーンショットは以下の通り。

Brige_01Bridge_03Brige_02Bridge_04Bridge_05Bridge_06

 

Xperia Z Ultra に関する過去の記事はこちらからご覧下さい。

Evernote for Mac が起動できない時の対応 (Part.2)

原因は覚えていないのですが、Mac OS上の Evernote for Mac が異常終了してから、アプリケーションを起動しようとしても起動できなくなってしまいました。アプリケーション自体を一度削除して再インストールしても変化なし。

< 環境 >

  • MacBook Pro Retina, Mid 2012
  • Mac OS X 10.8.5
  • Evernote for Mac 5.3.0

以前Knowledge Baseをみてメモした際(Evernote内部エラーの対策)にはあった/ユーザ/(ユーザ名)/ライブラリ/Application Support 以下にEvernote関連のファイルが今回は見当たらないので、Evernote 関連のファイルをSpotlight で探したところ、/ユーザ/(ユーザ名)/ライブラリ/Containers の下にこれらのディレクトリがみつかりました。

com.evernote.Evernote

com.evernote.EvernoteHelper

それぞれ役割があるのでしょうが今回は切り分けしている時間がなかったので、Evernote for Mac が終了している事を確認して、これらのディレクトリを丸ごと削除したところ、起動できるようになりました。

削除後の最初の起動は、Evernote を初めて起動した時の様に “初回同期の実行” が始まるので長時間かかる事を覚悟した方が良いです。

Java 7 update 40 released

(2013年9月11日 23時現在) まだMacのJava更新メニューでは新しいバージョンのダウンロードできないのですが、Java 7 Update 40がリリースされていました。java.comへアクセスすると最新版がダウンロードすることができます。

Release Noteをみたところ、今回はセキュリティ対応ではなくバグフィックスや機能追加がメインのアップデートだったようです。Macに対しては、”Retina Display support on Mac OS X” なるアップデートもあった様です。

JRE7のWebからのダウンロードはこちら(oracle.com)から。

(追記. JDKをダウンロードした場合でも、ファイルを展開するとJDKとJREの両方のファイルがあるので再度ダウンロードする必要はないです)
(追記2. 2013年10月15日にJava SE 7 Update 45がリリースされています -> Java SE 7 Update 45 でてます)