Mac | ThunderbirdをLionのFull-screenで使いたい

Lion (Mac OS X 10.7)を使い始めてだいぶ経って、Full-Screen画面操作にも大夫慣れてきました。ただ、LionのFull-screenに対応していないアプリはFinder上で重なり合ってしまうのがあまり好ましくないので、何とかできないかと探していたら、SIMBL + Maximizerを使う事でThunderbirdなどの対応していないアプリケーションでもLionのFull-screenに対応できる様になりました。

  1. SIMBLをインストール (Lion用はありませんが10.7.3でも問題なく動いています)
  2. 初めてSIMBLを導入した人は ~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins ディレクトリを作成
    (SIMBL/Pluginsディレクトリはデフォルトではありませんでした。Terminal.appで操作すると簡単です)
  3.  Maximizerをダウンロード & 展開した Maximizer.bundle を、先ほど掘った ~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins に移動
  4. Full-screen未対応のアプリケーションを起動(再起動)するとFull-screenで使えるようになります!

画像

結局、この方法も裏技なので早くアプリケーション・サイドでFull-screenに対応して欲しいものです。

追記: 10.7.4へのアップグレード後に ~/Library/Application/Support 以下の SIMBLディレクトリがなくなっていました。消えてしまった場合は、再度ディレクトリを再作成してファイルをコピーしてあげる必要がありますのでご注意下さい。

追記2: Thunderbird使用環境でのMaximizerの使用をやめました。理由として、すべてのウィンドウを拡大表示しようとする為、文書作成画面から”送信中”という画面まで全画面表示になります。それだけではなく、それらのウィンドウが消えた後も仮想ウィンドウが残ってしまいウィンドウ数がどんどん増えてしまう為です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中