Mac OS X 10.6 | HDL4をTime Machineに設定

“Mac OS X 10.6 + HDL4″での設定です。以降のバージョンでは動作しない可能性がありますのでご了承ください。

Time Machine には外付け Firewire HDD を使っていましたが、いちいち電源を
投入するのも面倒で、 気づけば Snow Leopard (10.6)にしてからバックアップの
ない状態で使っていました。

余計なものを机の上に置きたくないので、 NAS で使っている IO DATA の
HDL4 (2TB/RAID 5) に Time Machine を設定することにしました。
※もちろん Apple に正式サポートされた方法ではありません。

手順:

  1. Time Machine が有効になっている場合には Off にする
  2. 下記のコマンドをターミナルで実行して Time Machineのディスクチェックを
    無効にする (最初の $ は不要) 

    $ defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

  3. ディスクユーティリティ (/Applications/Utilities 以下にあります) を起動
  4. ファイル > 新規 > 空のディスクイメージ… をクリック
  5. バックアップ用のスパースイメージを作成
    – 名前: <hostname>_<en0のMac Addressから”:”を外した12文字>
    (ex. Mac15_001122334455)
    – 場所: 任意。デスクトップが楽かもしれません
    – 名前: 任意 (ex. TIMEMACHINE_IMG)
    – サイズ: ここではデフォルトの 100MB のままで OK
    – フォーマット: Mac OS X 拡張(ジャーナリング)
    – 暗号化: なし
    – パーティション: ハードディスク
    – イメージフォーマット: スパースバンドル・ディスクイメージ
  6. HDL4 をマウント
  7. 5.で作成したディスクイメージをマウントしたHDL4のトップにコピー
  8. 7. でコピーしたディスクイメージをダブルクリックしてマウント
  9. ディスクユーティリティの左側に今回マウントしたディスクイメージを確認し、
    “取り出し” をクリックしてアンマウント
    (5. で作ったコピー元のディスクイメージは消して構いません)
  10. バックアップがとれるサイズに変更するため、xxx.sparcebundle イメージを
    選択した状態で “イメージサイズを変更” をクリック
  11. バックアップ元のサイズから計算して x1.5 ~ x2.0 位の大きさのサイズを決めて、
    サイズを変更します。ここでイメージサイズ・パーティションの両方同時の
    変更がうまくいかないので、まずはイメージサイズを変更して、もう一度
    マウントしてからパーティションを切り直すことでうまく行きました
    (ex. 400GB)
  12. Time Machine の環境設定を開いて、”ディスクを選択” から HDL4 を選択

これで設定は完了。あとは、バックアップを実行するだけです。
DAS でも半日かかると言われていますが、 NAS 経由はそれ以上に時間がかかり
そうです。4時間で 54GB 位の進み具合です。

ただ、あまりデータを HDL4 に集中させるのも危険ですね。重要なファイルは
別にバックアップしておかねば..

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中